路地裏に咲いていた花



路地裏に咲いていた

白い花の強さを僕は知らずに踏みつけた

振り返るその素振りも見せることなく

いつもずっと感じてた安らぎが

そこにあった事に気付かずに



もう出会う事は無い

甘え続けてきた口元は

透き通りガラス細工のように儚くて



何気ない場面にキミを重ねて

心曇らせる自分を慰めて

ただ明日を待つ夜の静けさに

愛の言葉は霞んでしまうけれど



答える必要に迫られる事無く

作り笑顔見せて強がることもなく

僕は白い花に魅せられた

キミを想う ただの男になりたい



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

日々の隙間をそっと埋められるような、詩を伝えていきたいと思います。その中に、ひとつでも皆さんの心に残る言葉があればうれしいです。

ありがとうございます!!
16

時の隙間に詩を/ BA

様々な”隙間”を埋めていく。そんな詩が書けたらいい。 何気ない毎日にきっかけをもらいながら綴っていこうと思います。

ひまつぶし

「クラブBA」会員による個性豊かな投稿を集めました。 ジャンルは様々。音楽、料理、サーフィン、スニーカー、電車、競馬、ペット、写真etc. 内容は、ライトなものからディープなものまで。 是非、ひまつぶしにどうぞ~。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。