見出し画像

本音を言います

井口です、

バリから戻ってきてから
昨日から全国でのツアーがいよいよ始まり、
早速昨日もウチの赤坂オフィスでセミナーを
行いました。

この時が僕が最も
生き甲斐を感じられる瞬間の一つです。


最近僕の講座の卒業生から
久々に連絡があり、

「億を超えました!」

と連絡があった。
(※突然の報告の瞬間が僕が
最もやりがいを感じる時なんだ)

今日のセミナーでも伝えたが、
詰まる所結果を出したり
叶えたい未来を叶える人というのは

とにかく

「質の高いインプット」

「質の高いアウトプット」

から生まれるのを確信した。

じゃあ”質の高さ”って何?
って疑問が出ると思うんだけど

それはある程度の数稽古、
つまり大量行動がないと
成し得ない。

甲子園が今佳境だから
バットの素振りで例えるけど

美しいフォームで、無駄がなく、
ボールの真芯を捉えられるバッティングは
圧倒的な素振りの数から生まれるはず。

プロ野球選手だって
一見地味で毎日同じことの繰り返しの中で
常に最高の結果をイメージして素振りをしているはず。

これって僕らでも同じことが言えて、
例えば読書なんていうのは
最高の情報を得られるチャンスだし、

こういったことを僕は今も普通に続けてる。
それに加えて自分のビジネスにどう生かせるだろうと
常に考えてアウトプットしていく。

以外と地味なことの積み重ねが
大きな結果を生む。

で、これもよく言われる。

「井口さんが特別だったから
大量行動できたんでしょ?」

・・・・。

もう今日は本音で言おうと思うんだけど

「そんな質問をしてあなたにとって
なんの得になるの?」

ってマジで思う。

ちょっとキツイ事を言うかもしれないが

『私はまだ何もしてませんが
とりあえず諦めます』

って宣言に聞こえる。

なんでこんな反感買いそうなことを
言うかというと、

これはセミナーでも毎回言ってるんだけど

僕は学生時代5回も転校したし、
いじめられっ子だったし、
家柄も本当に普通で、
男3兄弟の末っ子。

何か特別な才能があった訳でも
環境が恵まれていた訳でもない。

そんな僕がビジネスをするのに
一つだけ他の人よりも得意なことが
あったとすればそれは一つだけ。

それは

「メンターの言う事をひたすら信じ続けた」

って事だけ。

自分にできるかどうかなんてわからない。

だから

”やれと言われたことをひたすらやる”

ただそれだけなんだ。

いい?

自分の可能性って今とは全く関係ないんだ。

だから

未来を変えるには
今を否定することじゃなくて
今できることを続けること

なんだ。

誰にだって叶えたい未来があって
それを叶えられるのは自分自身なのに、

「自分にはできない」

なんて事いったら元も子もないでしょ?

未来なんてどうなるかわからない。
だったら叶えたい未来になる可能性だって
当然ある訳でしょ?

その可能性を始めから潰しちゃ
マジで勿体ない。


世の中には成功者と評価される人達が
沢山いるけど、

それはその人達のほんの一コマしか
見ていないからそう思うだけ。

長く賞されてる人を
もっともっとよく観察してほしい。

すべからく地味で険しい禊の時間を
過ごして来たはず。

で、そういった経験をしてるからこそ、
無駄な物、不必要なものが削ぎ落とされて
精度の高い人物やそれに伴ったビジネスを
展開していってるんだ。

世の中のノウハウやツールが出回ってるのに
結果が出る人とでない人の差って
本当ここなんです。

この”差”の原因はこれまで話して来たけど

「自分の可能性」

にある。

だから今も様々な講座やイベントを通して
僕が伝えてるのは

自分の可能性に気が付いて欲しい

と言う事です。

今度の1dayサミットを開催する理由は
一人でも多くの人に自分の可能性に
改めて気づいて欲しい。

その為に様々な事例やビジネスモデルを通して
それを伝えていく。

待ってます。

「どうせ自分は…」の人生から卒業をする:↓↓
https://akiraiguchi.info/oneowner/summit2019/

井口

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

井口晃

「自分の生きたい人生を生きる」ハイパフォーマー集団を育成中 / 世界を渡り歩くセミナー講師&起業家&投資家 / 1000回超の登壇 / 海外で観客5000人のイベント登壇 / 1日で利益1億円を達成 / 8冊の著書は累計30万部 /
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。