見出し画像

凍てついた社会時計。

事故当日のあの日、もう二度とこの学校に登校することはないなんて

微塵も思っていなかった。月曜日にはまた校門をくぐると思ってた。

車が発進して校門を抜けた時点で僕の長いようで短い高校生活が終わった。

正直今でも実感はない。

たった一日の出来事でこうも人生が大きく変わるだなんて。

未だに僕の中にある「社会生活の時計」の針は高一の秋で止まっている。

昨日まで普通の高校生だった。

いやさっきまで体調は悪かったが高校生だった。ごく普通の。

一瞬、痛みを感じる間もなく死に、転生したみたいな気分。

線路を失った列車。

しばらく線路がないことに気づかないままバラストの上を惰性で走ってた。

でもだんだん減速して安定しなくなりついには転んだ。

何回もあの日のことを思い出しては溜め息が出る。

街中にいる高校生を見ると自然と「あれが自分だったら」と思う。

最初は悲観的な言葉しか出なかった。

時間が経つと自分のほうが良い経験をしていると思い込み慰める。

前にも書いた、現状を幸福だと思いこむ。

もし今も普通に高校生活を送っていたらどうなっていただろう。

こんなつらい思いをしなくてよかったのかな。

これじゃ高校生活が楽みたいになってしまう。

みんなそれなりに苦労してる。


この流れはもうルーティンになりつつある。

自分だけが苦労していると思わないように日々意識してる。

社会生活だって辛いことはたくさんある。

不登校になった人のことを羨ましく思ったことがある人もいると思う。

僕も思ったことがある。

家でゆっくりできていいな。ゲームし放題じゃん。学校来いよ。

いろんな意見があると思う。

学校に行ってる人は学校が辛いし、行ってない人は行けないことが辛い。

どっちを選んだところで辛いことに変わりはないのかもしれない。

1+1=2の世界を歩いている僕は、3である可能性を見出すのではなく

2であることを前提に答えを導き出すことしか出来ないのかもしれない。


残念ながらその答えは現状出ていない。

こうやって文字にしたり口にしたりするのは簡単だけど、実践するのは

僕にとっては簡単なことではない。

頑張るわ。

これ言っとけばこの場は凌げるかな。



ひとまずこのイキったエセ小説は終了の予定です。(イキるって伝わる?)
これ以外に何を書けばいいかわからないので続くかもしれませんが、
第一章は終わりといった感じです。

病院の先生に文字にすることを薦められて始めたことですが、言葉の勉強にもなってなかなかおもしろいものだなと実感しました。
今まで書いてきた中で使われた普段使わないような言葉はググってそれっぽい言葉を選んで書いていただけなので変に見えるところは、
「勉強してんだな。。」って感じで温かい目で見てくださると助かります。

直喩や比喩といった表現をしているときは、面白い例えができるとちょっとニヤついてる自分がいました。  普通にキモい。

一応自分の中でテーマはあって、少し前にも書いてある「自分だけが苦労しているわけじゃない」に沿って、辛かった部分ばっか誇張しすぎないようにしたつもりです。前回のスマホ持ち込みがバレそうになったところを引き伸ばして、誇張して書いたのは今まで書いてきた辛い体験を濁す役割でもありました。
「苦労自慢4ね」って思われた方........なんか、ごめんな。許して♡

最初はBloggerであげていたものですがnoteの方が見てもらえる人も多くて
伝えるにはどうすればいいかを考えることが増えたので良かったです。
※Bloggerアンチではありません。Blogger最高!!

今回含め23記事。およそ一ヶ月で1166view。
多いのか少ないのかわかりませんが少しでも見てくださった方、見るだけでなくスキを押してくださった方、んーそれ以外の人ありがとうございました!

今後もなにかしら投稿すると思うので見てくださると嬉しいです。
辛口な指摘もしてください。普通に傷つくけど、勉強になる場合もあるので



ここまで全部読んだ猛者に告ぐ、フォローしてくれてもええんやで。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!
4

了@起立性調節障害

18歳。いつか19歳になります。 noteに自分の体験談や考えをほぼ毎日書いてます。何か反応をもらえると嬉しいです。 【twitter】https://twitter.com/qSWaNGop

脱線列車

普通の高校生だと思ってた僕が起立性調節障害になって少数世界に入り込んでいくきっかけとなった日。たった一日でこうも人生が大きく変わってしまうなんて。 ある高校の一年生のあまりにも突然すぎる高校生活最後の日を書いています。少しの暇つぶしにでもなればいいなと思ってます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。