見出し画像

「宮城県の海辺旅 2019 夏」

毎年一度か二度、被災地の海辺を歩くようになって四年か五年かな?

今年わたし校正の書き込みで、
「何年目」
の数え方を自分が間違えてることを知った……そんな作家25周年。

女川町で本屋さんのさかいさんという年配男性と1時間半くらいお話しさせていただいたんだけど(たまたま、本屋さんがあったので飛び込んだらお話したくさん聴かせていただきました)、
「震災から8年目を迎えて」
「9年目だよ」
と二度言い直させてしまって、そうだったわたしこれ数え方間違えていた。

震災から9年目を迎えた、宮城県の海辺に行ってきました。
この旅は四度目かな? 段々旅の数も曖昧になってきた。
9年目にして、
「わーい! 楽しみ! おいしい海鮮たくさん食べて太ってくるぞー!」
一番楽しい気持ちで、宮城県の海辺に旅立ちました。
楽しかったしおいしかった。
そしていろいろ、被災地の9年目の現実は見ないとわからないこともたくさんたくさんあった。
なかなかでもあそこまで出かけるのは大変な人の方が多いと思う。
なので写真や文章、伺ったお話しから、楽しいおいしい幸せなこと、真面目な話、noteに分けて書いていきます。

#宮城県
#南三陸
#女川町

#追分温泉
#本のさかい
#仙台うみの杜水族館
#311
#大川小学校
#9年目

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。 サポートしていただいた金額は、全額支援に使わせていただきます。 支援先はこれから精査します。 本当にありがとうございます。

6

菅野彰

作家・福島県在住 https://www.akirasugano.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。