見出し画像

'95 till Infinity #022

目次はこちら。


【 第1章: 2nd Summer of Love of Our Own #014


 ビニール袋に入った持ち帰り中華が入ったタッパーを片手に友達がバイトをしているデリに寄って、そこでIDなしで買ったビールの大瓶を回し飲みしながら俺たちは歩く。もちろん、車が来たらビールが入った紙袋をさっと後ろ手に隠しながら。

 誰からともなく公園の方に向かった俺たちは広い公園の濡れた芝生の上を対角線上に横切って砂場のブランコを目指す。ブランコのシートはまだ水滴がついていたけど、手で水を拭って腰を下ろし、3人で2人前の中華を分け合いながら、半分ほどに減ってしまったビールをごくごくっと飲んでいく。

 吸い終わった煙草を砂に突っ込み、ゴミをゴミ箱に放り投げて俺たちは公園を去る。

 トーニの家に戻るとまだ9時過ぎだった。

 俺はふと思い、トーニに聞く。

 「なぁ、レイブってのは大体何時くらいに行くものなのかなぁ?」

 「そんなのわかんねぇよ。俺たちが行きたい時に行けばいいんじゃねぇの?」

 「けどさ、行って誰もいなかったらつまんないだろ?」

 「確かに」とトーニは言って考える。

 大体俺たちはレイブどころかそういったイベントものには全く行ったことがなかった。トーニの奴も、俺たちをどうやって丸め込もうかということに頭がいっぱいで実際に行った後のことは考えていなかったみたいだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

書き手 えいきら

イベント映像会社、イベント制作会社、外資系映像機器メーカーを経て、現在東南アジア某国在住。酒は飲むからには呑まれる40歳。

'95 till Infinity ~ 第1章

1990年代西オーストラリア州パースを舞台とする3人に少年の物語。第1章。世界の果ての俺たちの2nd Summer of Love。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。