見出し画像

'95 till Infinity #021

目次はこちら。


【 第1章: 2nd Summer of Love of Our Own #013


 俺たちがそのTシャツを被って、リモコンでケーブルTVのチャンネルを合わせていると、トーニが人数分のマグカップを持ってくる。

 半日みっちり滑った後の、ミルクと砂糖がたっぷり入った暖かい紅茶は格別だ。カップを両手でつつんだ俺たちは、何でもない内容の話をまた始める。

 トーニはよっぽどフライヤーを渡してきた女の子がお気に入りみたいだ。

 俺たちがしている会話が何であれ、いつのまにかトーニが強引にそのコの話に持っていっていき、気づけば全ての会話がそのコの話しで着陸している。そんなトーニに俺は呆れて、カイロは横でただ微笑んでいる。

 しばらく俺たちはそうやってダベりながらスケボーのビデオを見て、お茶だのオレンジジュースだのを飲み、たまにポーチの雨に濡れたプラスチックガーデンチェアーに座り煙草を吸って、レイブまでの時間をなんとなく過ごした。

 腹が減った俺たちが近所のテイクアウェーの中華にでも行こうと外に出てみると、次第に小雨になっていた雨はいつのまにか止んでいて、湿気を含んだひんやりとした風がそっとそっと吹いていた。キャニング・ハイウェイ沿いに歩く俺たちの横を、シャーッという音を立てて車が通り過ぎていった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

書き手 えいきら

イベント映像会社、イベント制作会社、外資系映像機器メーカーを経て、現在東南アジア某国在住。酒は飲むからには呑まれる40歳。

'95 till Infinity ~ 第1章

1990年代西オーストラリア州パースを舞台とする3人に少年の物語。第1章。世界の果ての俺たちの2nd Summer of Love。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。