見出し画像

'95 till Infinity #025

⇒ 目次はこちら


【 第1章: 2nd Summer of Love of Our Own #017


 俺たちが靴ひもを締めなおしているところに、自分の部屋から去年のクリスマスプレゼントに母親に貰ったカルバン・クラインONEのボトルを持ったトーニが戻ってくる。

 それは、いつもスケボーで波状に塩が拭いたTシャツから汗の臭いを撒き散らしているトーニに、「そんなことじゃ、女の子にもてないわよ」と奴の母親が買ってきてくれたものだった。

 クリスマ明けに会ったトーニは「俺は全然臭くなんかねぇよ。俺のどこが臭いんだよ」とぶつくさ言っていたけど、実際は相当嬉しかったみたいだ。

 そのコロンをこれでもかと振りつけるトーニを黙って見ていたカイロが、「俺もちょっともらっていいかな?」と聞く。

 トーニはカイロをちらっと見て、「ダメだね」と即答し、居間の壁に掛かった鏡を見ながら手櫛で髪を整え始める。それでも珍しく食い下がるカイロにひとしきり髪をいじって満足したトーニが言う。

 「何だよ、カイロ。何でお前はそんなにこれつけたいんだよ?大体、これは俺の大事なコロンってお前も知ってるだろ?

 俺だってなんか特別なイベントごとじゃなかったらつけないんだぜ。それをなんでお前なんかに分けてあげないといけないんだよ?」

 「トーニ、そんなケチなこと言うなよ。だってさ、今日のレイブですっげーかわいいコと知り合うかも知んないわけじゃん?そんな時に汗臭かったりとかしたら、絶対ダメじゃん。さっき乾燥機に入れたっても、このTシャツは洗ったわけでもないんだよ。

 それにさ、お前は特別なイベントごとって言ったけど、これこそ特別なイベントになんじゃない。だってさ、俺たちは今から生まれて初めてのレイブに行くんだよ。

 お前がずっと言ってるみたいにレイブがホントにとんでもなく楽しいもんだったら、俺たち3人にとってこれ以上のイベントってないよね?

 だから、いいじゃん。友達でしょ、俺たち?」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

書き手 えいきら

イベント映像会社、イベント制作会社、外資系映像機器メーカーを経て、現在東南アジア某国在住。酒は飲むからには呑まれる40歳。

'95 till Infinity ~ 第1章

1990年代西オーストラリア州パースを舞台とする3人に少年の物語。第1章。世界の果ての俺たちの2nd Summer of Love。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。