山田あきと (Akito Yamada)

脳占いと欲求分析をするブレイニスト / フードロス食品をつかった飲食店を10月にオープン予定 / 物とスキルの共有アプリ『nukumo』founder /

具体的な話ほど伝わらない理由

マレーシアで飲食店をやったり、格闘技でファイトマネーをもらえるようになったりと、様々な夢を叶えて来た分、辛い挫折も数えきれないほど味わってきた。その挫折の大きな理由の一つが「相手に自分のイメージが伝わらない」ということだった。

夢を実現させるためには仲間が必要で、仲間を作るためには自分のイメージを伝えないといけない。しかし今までの挫折で味わったのは、人を説得するときはなるべく具体的な話は最初にし

もっとみる

社会のエゴを楽しむのはいかが。

都会は広告ばかりで目が疲れる。ビルの壁、電車の中、携帯の画面でさえも広告で埋め尽くされ、広告代理店のハゲたおっさんのエゴによって日本の風景が汚染されている。広告代理店のおっさんがハゲているかどうか分からないが、ハゲていないとしたら確実にツーブロックで青いスーツを着て「今日のアジェンダをシェアします」と、カタカナをがんばって並べてるやつに違いない。

さまざまな場所に設置されている広告をみていると本

もっとみる

実はみんな自分に嘘をついている

6月7日

大阪市にある貝塚へ。

若者の支援と教育を行っている福井さんという起業家に会うためだ。

福井さんは『欲求マップ』『脳タイプ』『図解』という3つの手法を活用しながらビジネスや心理学について教えてくれたり、くだらない悩み相談もたくさん聞いてくれる。

いつもはビデオ通話でコンサルティングをしてくれるのだけど、「お金がなくて困っているので仕事を頂けませんか?」と連絡してみたところ「じゃあ6

もっとみる

自分を好きになれる方法は「貢献」なのかもしれない

「今日、誰かを笑顔にした?」
バス停で落ち込んでるときに先輩からもらった大事な言葉です。

「いや、してません」
と答えると

「誰かを笑顔にしたら自分も笑顔になるよ」
と言われてハッとしたのを今でも覚えてます。

最近、自分はどうなりたいのかって考えたときに「日本一、社会貢献する男になる」というのがふと頭をよぎりました。

ツイッターでも書きました。

僕のことを昔から知ってる人は、これを聞いて

もっとみる

コンテンツの海に溺れて脳みそがゾンビになる前に

情報量が多いほど人は動けなくなります。

きっとどこかで聞いたことがあるかもしれません。むしろ、たくさんの情報を集めるよりも選択肢が2つしかない状況のほうがひとは動けます。

「和食かイタリアン、どっちがいい?」
という質問がデートの定番になってるのもその理由。

「和食、イタリアン、中華、フレンチ、それとも肉か魚?カレー?どれがいい?」。初めてのデートでそんなことを言われてもすぐに選べるはずがな

もっとみる