五感がRUNする地・白馬村

今月末からスタートするの、9月の開催地のロケハンに行ってきた。

長野県白馬村にある白馬岩岳マウンテンリゾートだ。

タイトルに「五感がRUNする」と書いた。

「ランニング好きすぎるのはいいけど、都合のいいように英語を解釈するなよw」というツッコミが聞こえてこなくもないけどw RUNという単語には「うまくはたらく、機能する」という意味がある。
(違ってたらごめんなソーリー!)

僕は「スノボ焼け?スキー焼け?」と聞かれるくらい、冬でも日焼けしているのだが、実はウィンタースポーツ未経験だ。それゆえ、今日のロケハンでは五感を刺激されまくった。

目の前にそびえ立つ白馬三山。
肌をなでる冷たい風。
ほとんど音のしない世界。
旨い蕎麦。

夏前には緑が生い茂り、
秋には美しい紅葉が広がり、
夜には息を飲むような美しさの星空が広がっているらしい。

想像しただけで、鳥肌が立った。肉眼で見たら、きっとウレションしてしまうに違いない。(今回はなんとかギリギリのところで我慢した)

そして、一緒にプロジェクトを進める担当のYさんの話を聞いて、僕はとてもワクワクした。

「僕は白馬生まれの白馬育ち。白馬を出ていく同世代も多かったけど、白馬が好きだから、ずっと残って仕事をしてきました。ここは人間が野生に帰れる場所です。都会で暮らしていたら忘れてしまう感覚を、思い出すことができる場所です。そして、親や祖父母が築いてきたこの村の素晴らしさを1人でも多くの人に知ってもらいたいという想いと、後世にしっかりと残していきたいという想いで、今の仕事をやっています」

なんてビジョナリーな人なんだろう。
なんてパッション溢れる人なんだろう。

メールや電話では伝わってこなかった、Yさんの人柄に触れることができた。(とても素敵な方でした)

白馬までは、車で片道、約5時間。
たしかに、行き帰りはちょっと大変だ。

ITが発達して、色々と便利になっているこの時代、チャットツールやオンライン会議ツールは楽だ。InstagramやTwitterでハッシュタグを検索すれば、絶景はいくらでも見ることができる。(手のひらに収まる画面の中で)

でも、実際に会って、見て、触れてみないとわからないことはたくさんあるし、リアルで接するからこそ感じられることがある。
そしてそれらは、非常に価値のあることだと思う。

そんなことを、僕が改めて強く感じた地・白馬で、9月にRuntrip via On JAPAN TOUR 2019を開催する。テーマは「TRAIL&CAMP」

詳細はこれから詰めていくので、楽しみにしていてほしい。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「スポーツを楽しむことで幸せになれる人を増やしたい」 そう考えて、Runtripという文化を広めています。 頂いたサポートは、もっと自由に楽しく走れる世界を創っていくために使わせて頂きます!

走りたくなりましたか?🎽
8

Runtrip Crew

Runtripの各メンバーのnoteを一覧できます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。