note_住んでみた11

アキヤマが住んでみた。【石巻市編】 #04

こんにちは、こんばんは、おはようございます。
アキヤマ ヒロシです。
住んでみた。石巻市編の第4回目です。

今回は休日のお話です。
石巻に来たのが水曜日、
木曜日は丸1日石巻で仕事をし、金曜日は仙台で仕事、
そうして訪れた週末の土曜日です。
短い石巻滞在もこの日を入れてあと2日となりました。
(今回、写真多めです)

週末はゆっくりの始動で、
まずは朝食を兼ねた昼食からスタートしました。
昼食は「穀雨茶房 もも」でいただきました。
薬膳定食や薬膳茶、明らかに体にいいお食事がいただけるお店です。

そしてお店の内装がとてもオシャレです。
料理の盛り付けも素敵です。

薬膳定食+薬膳茶(1,800円+税)

このシュウマイも美味しかったのですが、写真左上の方のおひたしと胡麻和えがびっくりするくらい美味しかったです。

マリネ(真ん中)も美味しかった。

あまりに美味しかったのでデザートのプリンもオーダーしてしまいました。

お茶は日々の悩みに対応できるように、それぞれの茶葉が持つ効果を活かすようなブレンドをした、オリジナルの薬膳茶をいただくことができます。
石巻周辺にお住いの方はぜひ一度足を運んでみてください。
石巻駅から歩いてすぐだと思います(住宅地の真ん中にあるので少し迷うかも。。)

昼食をいただいた後は、その週を明けた月曜日から滞在する女川町で必要になるハンコを買いに石巻のイオンモールへ行きました。
特に書くことは無いのですが、広かったです。やっぱり。
クルマを駐車する位置を誤り、目的のハンコ屋まで建物のほぼハジからハジまで歩きました(笑)

---

昼食と買い物の後は、
石巻における東日本大震災の被害の爪痕を見に行ってみることにしました。

まずは日和山公園
ここからは石巻の町並みがあるのとは反対側、津波で流されてしまった町の南側の様子を見ることができます。

Beforeの写真が小さいのですがなんとなく見比べることができると思います。当時あったはずの住宅が無くなっていることがわかると思います。
震災当時はたくさんの人がこの山に避難したそうです。その時の様子も公園内のパネルで見ることができます。

日和山には神社があって、地元の人はここに初詣に来るそうです。
また、訪れた日はお祭りが開かれるということでその準備が行われていました。

被災地を巡るツアーなのでしょうか。学生とおぼしき団体さんが山から被災した地域の様子を見ていました。

ちなみに、日和山公園には「笑点」でおなじみの林家たい平さんに所縁のある桜の木もありました。なかなかのパワースポットでもあるのですね。

---

さて、石巻の市街から近くの震災を感じられる場所の次は、少し離れた場所に向かいました。
当時在学中の108名の児童の3分の2にあたる74名が犠牲となった(wikiより)、大川小学校跡地です。
2017年の年末に石巻を視察で訪れた時(石巻編 #1)にも、大川小学校には訪問しています。その時は雪の中の校舎跡でした。


今回もクルマで向かったのですが、前回は会社のメンバーがいたのでそれほど感じなかった距離感を今回は強く感じました。
石巻の市街地から20kmほどあるので、30分〜40分くらいかかります。意外と遠いです。訪問の際にはお気をつけください。

北上川をひたすら河口に向かってクルマを走らせる感じです(実はこの写真は帰り道に撮影したので大川小学校とは逆方向に向かっています)。

新緑が眩しく、青空が鮮やかな日でしたが、大川小学校は前回の訪問と変わらぬ姿で立っていました。

ここに逃げていれば、助かったかもしれない、とされている裏山にもまた登りました。(↑↑2017年末の写真を撮った場所と同じ高台です)
無残に破壊された校舎がウソみたいに綺麗な空の日でした。

立ち去ろうとした時に、日和山公園でも見かけた学生の団体がやってきました。やはり被災地を巡るツアーだったようです。

一路、石巻へ戻ります。
ホテルに戻ってひと休みです。

---

と、色々と訪れた土曜日でしたが、この日はまだまだ終わりませんでした。
石巻編 #1で紹介した「IRORI石巻」において開催された、「朝まで飲みリンピック」というやばいタイトルのイベントに参加したからです。

土曜日の20:00に始まり、明け日曜日の3:00まで飲み続けようという文字通り酔狂なイベントでした。

かなりの人が集まって、相当な盛り上がりでした。
石巻、熱い街ですね。

地元のお店、「中国料理 雲雀」さんが大量の餃子を届けてくれたり、

ISHINOMAKI 2.0のプロジェクトのひとつ「復興バー」でなぜかバーで振舞われる二郎系ラーメンが、その場で作られてその場で食べれたり、

石巻で活躍するたくさんの人々との交流で夜が更けていきました。

ちなみに、途中イベントを離れて別のお店で飲んだりと移動したので、寝てしまうことなく無事3:00まで起きていることができました。

---

次回は石巻市編最終回となります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

アキヤマ ヒロシ

インドアでアウトドアな、業界おじさん。 映画と音楽(吉井和哉)、ゲーム(メタルギアシリーズ)、マンガ・アニメ、スキー、キャンプを愛す。株式会社ラナエクストラクティブ、アートディレクター。自己紹介はこちらhttps://note.mu/akiyang/n/n71fed9c681a5

アキヤマが住んでみた。【石巻市編】

「令和元年」をむかえる2019年6月から、アキヤマは東京を離れ、宮城県に移住する予定です。仙台市に移住する予定ですが、それに向けて宮城県の様々な側面を体験してみようと言う想いを持ってみたので、「宮城県のどこかに住んでみる。」という企画を始めてみました。 アキヤマの自己紹介は...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。