アクセサリー、古着、花…自分の好きなものと、子どもとの暮らし。

自ら選択し子どもを持つ暮らしを選んだからこそ、家族で健やかに暮らせる環境をつくりたい。その上で、「自分らしい人生」を生きることも諦めたくない。そんな両立を目指す人たちに話をきくことで、その生き方やアイデアをシェアしていきます。

ーーー

高嶌梓さんは、東京・杉並区で、夫婦と1歳の娘さん、愛猫と暮らしています。産休・育休を経て仕事にも復帰し、現在はベンチャー企業に勤めながら、個人でアクセサリーのレンタルサイトと古着の販売サイトを運営しています。

なかなか楽しめなかった我が子との暮らし

一見、充実しているように見える梓さんの暮らしですが、2017年の出産直後は、想像以上の生活の変化に、大きな不安を感じていたそう。

「正直、子どもが新生児の頃は、生活を楽しむことができませんでした。子どもグッズによくあるカラフルなデザインが好みでなかったり、好きなタイミングで好きなものを食べたり大好きだったお酒も飲めなかったり、自分らしい生活がほぼできなくなったからです。それまでは、夫と二人で色んなところに出かけたりして仲が良かったのですが、遠出も簡単にはできなくなり夫婦の関係性がこの先どうなっていくのかという不安もありました。」

もともと梓さん夫婦は、気に入ったデザインであれば海外からも取り寄せるほどインテリアに関心が高く、夫婦共通の趣味のひとつでもありました。今まで何年もかけて、夫婦でお気に入りの空間を築いていたからこそ、がらっと変えなければいけない状況に絶望的な気分になったのかもしれません。

<TRUCK FURNITUREのソファと、旦那さまのいとこであるKenji Nakayamaさんの絵>

「出産前に家に遊びに来た先輩ママから、“子どもが生まれたら、家具の配置を変えないとね”と言われたり、必要な子どもグッズを検索しても気に入るデザインのものがなかなか見つからなかったり、子どもと暮らすということは自分好みの生活から遠ざかると思いこんでいたんです。でも、実際に子どもと生活してみると、意外となんとかなる部分も多いことに気づきました。」

育児を理由に、理想の暮らしもやりたいことも諦めない

「試行錯誤中ではありますが、娘の状況を観察しながら配置をこまめに変えたりして、夫婦が落ち着く空間を保ちつつ、子どもが安全に過ごせるようなインテリアを両立しています。今はインターネットで海外のおしゃれなグッズを取り寄せることもできるので、子どもにまつわるグッズもよく個人輸入しています。」

海外ECで購入した、お食事マットとオムツ替えシート>

さらに梓さんは、子育てを理由にやりたいことを我慢しないと決めて、もともと好きだった花についての勉強もはじめます。

「自分の人生を豊かにすることを諦めたくなくて、自分のやりたいことで仕事をつくろうという気持ちがより強くなりました。
もともとやりたいと思ったらすぐに動かないと気が済まないタイプなんです。アクセサリーのレンタルサイトは、自分の結婚式の準備をしている時に手頃な値段で好みのアクセサリーをなかなか見つけられなかった不満があって、結婚式が終わってからすぐに立ち上げました。

古着の販売サイトは、夫との共通の趣味であった古着でなにかビジネスをやりたいと考えて、旅行も兼ねて買付けにもいけるメリットもあるなと立ち上げたんです。はじめてロサンゼルスに買付けに行った時は、夫婦で100kgのスーツケース分持ち帰ってかなり大変でした(笑)。

勤めていた会社は育休中でしたが、アクセサリーのレンタルサイトと古着の販売サイトの運営が安定していたこともあり、新しいことをはじめるには今だと思い、もともと好きだった花について本格的に勉強をはじめました。」

「夫に娘を任せられるタイミングを選んで、花と関わる時間をつくっています。週末にアレンジメントのワークショップへ通ったり、平日は週1回、朝5時に花市場へ行ってお花を仕入れ、何人かの知人に届けているんです。自分のためだけに花を選ぶと続かないと思ったので、必要としてくれている人たちを巻き込んで、その人たちの暮らしを想像しながら花を選んでいます。届けたときに喜んでもらえることが続けるモチベーションになっているので、これはずっと続けて、いずれは花に関するビジネスをつくりたいと思っています。」

興味を持ったことをとことん研究して、次々とビジネスにまで発展させている梓さん。次はどんなことを形にしていくのか、行き先が楽しみです。

梓さんのプロフィール
外資系SIer企業を経て、クラウドファンディングサイトのキュレーターをつとめる。個人でアクセサリーのレンタルサイト「Az tokyo」と、欧米の古着の販売サイト「Ooak vintage」を運営。1歳の娘の母で、2019年4月に2人目出産予定。
Twitter:@as_assa_as
note:@azusa

梓さんおすすめの育児グッズ
・baby bjornのハイチェア
赤ちゃん本舗のお尻ふき
・牛乳石鹸(赤箱)
・味千汐路のベビーフード
オーガニックコットンスリーパー
・一気にたくさん切れるフードカッター


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、取材費にあてさせていただきます!

ありがとうございます🌷
90

AKKA

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。