見出し画像

【レストラン情報】ポリニャーノ・ア・マーレでの昼食

<イタリア旅行記(2019年夏・南イタリア横断)no.12>

ポリニャーノ・ア・マーレ(Polignano a Mare)での昼食は、事前にチェックしていた、美味しいシーブードが食べられるレストランへ。

洞窟レストランではないですが、オープンテラスがあったので、テラス席で頂くことにしました。

テーブルセッティングも素敵…。
早速、お薦めを聞いて、注文です!

「スモークサーモン・バターソースを添えて」
(Salmone affumicato con salsa di burro)

大好きなサーモン。
ほぼ、生(curdo)に近く、口の中でふわっと広がる柔らかいスモークの香りと、バターのソースのコクが相まって、うん、美味しいです!

「鮭(サーモン)」は、私のパワーフードのひとつ。
気合を入れる時に、「鮭おにぎり」を食べるのが、いつもの私です。
「おにぎり」ではないですが、今回の旅への気合も入りました。

「カサゴのラヴィオリ・フレッシュトマトとミントのソース」
(Ravioli di scorfano con salsa di pomodoro fresco e menta)

カサゴとチーズを合わせたクリーミーな詰め物のラヴィオリを、フレッシュトマトとミントが爽やかにまとめています。

美味しいな…。
久しぶりに、料理教室でも、ラヴィオリをご紹介したいな…と、思いながら頂きました。

プーリア産オリーブオイル(EV)

プーリア州は、オリーブオイルの名産地です。
今回も、教室用に美味しいオイルを買って帰らなきゃと思ってました。

このオイルも、美味しかったですよ。
オリーブの香り、そして後味にピリピリっと刺激もあり、私好みのオイルで、なんだか、プーリア州で、美味しいオイルに出逢える予感。
楽しみです!

食後に、エスプレッソコーヒーを注文。
待っている間に、テーブルのパンくずを片付けていたら、横に座られていたフランス在住のイタリア人夫婦が、話しかけてくれて。

ご夫妻 「日本人でしょう?」
私   「はい」
ご夫妻 「パンくずを片づけたり、テーブルを綺麗にしているから
     日本人だと思ったよ」

「片づける」「クリーン」と言うのは、日本人の印象のようです。
ちょっと、嬉しくなりました。
その後、カッフェを飲みながら、ご夫妻と、イタリア、フランス、日本の話をしました。

食後の10分、20分の事ですが、こういう一期一会のひと時も、旅の楽しみのひとつ。
美しい海を見て、ドメニコ・モドゥーニョ氏の銅像も見て、美味しいお料理も食べて…。
大満足です。

さあ、食後の街散策と行きましょう!

この続きをみるには

この続き:413文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
ご購入頂くと、イタリア全土を巡った旅行記の有料記事(1記事100円)、全てまとめてます。 今後、アップされる情報も、ご覧頂けます!

イタリア全20州を巡り、自分の足で現地を歩き、見て、聞いて、そして食べた情報をブラッシュアップ。 ホテル名、レストラン名、スポット情報...

または、記事単体で購入する

【レストラン情報】ポリニャーノ・ア・マーレでの昼食

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 サポート頂ければ、心強いです。

Grazie !感激です!✨
4

食の工房オフィスアルベロ【イタリア料理教室 in 神戸】

イタリア郷土料理研究・レシピ作家。 大好きなイタリア全20州を巡った旅行記、アルベロの活動、美味しい情報を記録として綴っていきます。 アルベロレシピ集マガジンも作成予定です。 料理教室のお申込、仕事依頼等はこちらから → http://albero-cooking.com/

イタリア旅行記・有料記事まとめ

イタリア全20州を巡り、自分の足で現地を歩き、見て、聞いて、そして食べた情報をブラッシュアップ。 ホテル名、レストラン名、スポット情報リストの有料記事をまとめてます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。