【お豆とトマト              フェタチーズのサラダ】

新鮮な野菜とハーブがたっぷりと取れ、野菜の旨味を直に味わう、ギリシャらしさが詰まったグリーンサラダです。

材料

インゲン豆           40g

紫玉ねぎ(細かくみじん切り)
またはわけぎのみじん切り    4本分1分

レモン(皮をすりおろす)    1個分

海塩(塩)           ひとつまみ

フェタチーズ
(ギリシャ産、細かく砕く)   1カップ        

ミニトマト(半分に切る)    2カップ

じゃがいも           中1個

ブラックペッパー(挽きたて)  適量

チリパウダー          小さじ1杯

バジル(千切り)        1カップ

にんにく(みじん切りか縦細切り)1片

バルサミコ酢          大さじ1杯

EX.V.オリーブオイル
(できればギリシャ産)     大さじ3
手順

作り方

1 十分に塩を入れた湯で、インゲン豆を3〜4分ゆがく。湯から取り出し、水気を切ってから、氷水を入れておいたボールに素早く入れて冷ます。冷めたら水気を切る。

2 じゃがいもの皮をむいてゆで(レンジでも◎)、ゆであがったら湯から取り出す。食べやすい大きさに切っておく。

3 オリーブオイル、バルサミコ酢、レモンの皮(大さじ2)、塩、コショウ、チリパウダーとにんにくを混ぜてドレッシングを作る 。

4 インゲン豆とじゃがいも、トマト、玉ねぎとバジルを混ぜ、そこに3のドレッシングをかける。フェタチーズを散らす。

※たまに、MIXビーンズも入れて作ることもあります(◍•ᴗ•◍)とっても合うので、一度お試しあれ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Rie

京都出身。京都大学卒業後は京都大学医学部付属病院に就職。2年半勤めていましたが、入院してきた友人の死をきっかけに看護師の仕事に疑問を抱き鬱を発症。治療に専念したおかげで完治。心機一転、東京に上京し再度、看護師として勤務し、がんについての論文が評価され看護学会で表彰されました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。