偏愛2018 #2 深夜のマニキュア狂い


爪を塗るのが好きです。仕事が忙しい時期や慌ただしい時期はお店でジェルをしてもらうのですが、それ以外の時は大抵セルフネイルをしています。

調べると、マニキュアというものの起源は、古代エジプト時代に遡るという説もあるそうです。

爪に色を塗ること。鮮やかになった爪は、体に一番近いところにあるお守りのようで、 夜中に息を詰めてそーっとマニキュアを塗っていく作業は、どこか儀式めいています。翌朝になって、家を出て、地下鉄の中で自分の手元を見てみる。仕事で理不尽なことがあり、トイレに逃げ込んだとき、視界に入る自分の爪。 夜中にマニキュアを塗ることは、翌日からの自分をふいに襲う「死にたさ」から救うお守りです。

そんなわけで、ことしも下手の横好き、たくさんセルフネイルやりました。

これは梅芸前にしたネイルだったかな…。とにかく秋らしさを出したくて、深い色で揃えました。この時期はやたらと凝ったネイルがやりたくて仕方なかった… ネイビーと茶色の、シックだけど美味しそうな色合わせがすき。

これはいつだったか、寝る直前にふと思い立って30分ほどでさっと塗り直した爪。こういうヌーディな色にキラキラを合わせだだけのシンプルなものでも、やっておくと翌日のテンションが上がる。気がする。


ジャニーズJr.祭りのらぶ単独に合わせて塗った爪。とにかく愛を!♡を!と思って塗りました。人差し指のハートが、homeiの「恋の大渋滞」という色名のポリッシュで、とても良いです。いろんな色のハート型のホロが入ってます。


今年の前半に資生堂のピコシリーズにはまりました。このグレーは2月だったかな?の限定色、珈琲しょこら。無機質になりすぎないあたたかいグレーで可愛いです。爪の先端にだけ2つ別の色で小さな半円を描くようにして作るフレンチもどきが好きで、失敗も少ないのでよくやります。


同じく資生堂の珈琲しょこらがメインの爪。 このゴールドラメはネイルホリックで買った極細筆タイプのもので、こういうちょっとしたドットやラインを引くのに重宝しています。


これ2018年で一番気に入った爪かもしれない。わたし本当にネイビーが好きだな… 中指にやった水玉のフレームの模様、爪楊枝のお尻にマニキュアをつけてトントン置いていくだけなので結構やりやすくておすすめです。


これはいつの爪だろう〜…、コンセプトも謎です。きっと秋口で肌寒くなってきた季節とかだったんだろうな。そしてこの茶色綺麗な色だな……これもたしかネイルホリックで買ったような… ネイルホリック、安くて塗りやすくてすぐ乾く上に色展開が豊富なので大好きです。 すぐ買い足しちゃいます。


これだけちょっとテイストが違うぞ。なんだこれ。これ確かドットを先にやって、後から単色の部分を塗ってみて、あーー色合わせミスった、これじゃポップすぎるよ…ってなったやつです。 でも今こうして見ると、たまにはこういう爪もいいな。


なんとなくで塗り進めて、小指にパールを置いてドットにしたあたりから、らぶのあの衣装っぽくなってきたかも、と思い、そこから先はあの衣装をガンガンに意識して仕上げました。ツイッターに載せたとき、そう気づいてくれた人がいて嬉しかった。


全体にまずベースコートだけ塗って、真ん中に3色くらいでドットを描いて、オーロラホロでぼかす。 こういう透明なベースのネイルは夏によくやりました。涼しげだし、根元が目立たないので伸びがあまり気にならずに済むので好き。


これはどうやってやったんだろう… なにをどう塗り重ねてやった爪か、今年のことなのにもう全く思い出せません。わたしは絵が絶望的に下手なので、もし絵が描けたらその輪郭にこんな風な色を塗っただろうな…と想像しながら、自分の爪に色を塗っています。


最後はukaのred study oneで締めます。 赤って、やっぱり特別だな、と。丁寧に塗り上げたときの恍惚。これはもはや武器です。


2018年あれこれシリーズ、あと旅行記と見たものまとめを書きたいのですが、さすがに今日はもう間に合わないかな…次の更新は年始になりそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

alice

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。