甘い昼下がり

おんな。おもったことをたま〜につらつらと。今日もこんばんは。月面のブランコ、揺れてますか。

ゆき

去年、去年のこの頃も雪が降ったね、頭に載った雪を落としてくれたあの人のことを思い出して泣いてしまいました

林檎

ぱくっと。

きのう、タルトタタンをたべた。

タルトタタン、タタンって!素敵な響き

ほっぺの赤い栗毛の女の子のような可愛らしさ。

あったかい林檎は幸せのかたまり。

とろけるような口どけにじわっと広がる甘酸っぱさ。

美味しいね〜〜〜〜〜〜〜〜

普段のカシカシしたリンゴも好きよ、

けどさあなんかリンゴが林檎って感じ!

恋の味って言われるのも頷ける、うんうん

し、あ、わ、せ〜〜〜〜〜〜

もっとみる

2月

2月は嫌いだ。
白い吐息に、バレンタインとかいう甘ったるいイベント。「去る」とかいいつも無駄に長い。ミルクティーが最高に美味しい寒さ。クリスマスもお正月も過ぎ去った少し空っぽな季節。2月。

あの人に会ったのは6年前の桜の頃。
まだお互い若くて青くて。いっぱい泣いていっぱい笑った。
わたしとあの人は性格が真逆だったから、些細なことでぶつかりあっていた。
お互いを理解したかったから、もっと深くつなが

もっとみる