共感できる文章を書こうとしたら自分がドライな人間であることを知った

自分のありのままの姿を見るのは難しい

今年度に入ってからnoteの連続投稿を始めたのだけれど、それがなんだかんだもう2ヶ月くらいになろうとしている。
完全に趣味となっていて、大きな目的があってやっているわけではないのだけれど、それでも毎日コツコツと書いている。

書くことでだんだんと文章力がついたり、ネタ探しのために日常を見る目が変わったり、それから自分自身の考えに注意を向けることが増えるとか、いろいろ良い面もありそうだ。

最初は「文章力をつけたい」と大雑把な理由で試みだったのだけれど、だんだんと具体化してきて、noteでは共感してもらえるような文章を書けたらいいな、と思っている。
それでも時間が取れなかったりして結局あまり内容にこだわれずに投稿してしまうこともあるのだけれど。

まだまだ「共感できる文章」を書くことにはほど遠いのかもしれないけれど、それでももし自分が書いた文章 で多くの人が「あ〜、そうだよね」って感じてくれたら嬉しいなと思う。

そうするためには僕が感じたことをただ書くだけじゃなくて、伝え方をしっかりしなくちゃいけないし、構成も考えなくちゃいけないし、とかいろいろ考えなくちゃいけないことが出てくるのだけれど、結局文章力ってただ「書く力」だけじゃなくてそういうのも全部含めての「文章力」なんだよな、と思ったりした。

noteを書くときにまず最初に行うのはネタ探しだ。
「共感」を得るためにはきっと僕が強い思いを感じたことを見つけなくちゃいけないのだろうな、と思って1日の行動を振り返ってみた。

ところが。
全然強い思いを感じた出来事が出てこない。

まあ確かに毎日毎日強い思いを感じることが起きていたらそれはそれで気づかれしそうだけれど、それでもあまり僕は強い感情を得ることが少ないみたいだ。

「論理的」「冷静」と言われることが多い僕である。
そうは言っても自分の中にアツいものは持っているつもりだった。

けれど、こうしてnoteを書いてみると、実は自分って本当にドライだったのかも、そんなふうに実感した。

だから何なのさ?
と言われてしまいそうなこんな文章なのだけれど、これにはちょっとした意味があると思う。

それは「自分の姿を見ることはできない」ということである。

他の人から「君はドライだ」といくら言われても、自分が納得しなければその言葉は流れていってしまう。
けれど、こうして客観的に自分を見てみると、たしかに僕にはドライな一面があるように思えてきた。

『ファスト&フロー』という本にバイアスの話がたくさん書かれていたような気がするけど、本当に自分1人の主観なんて、あてにならないな、そう改めて実感した日曜日だった。

みなさん、残り少ないですが良い週末を。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ!!ありがとうございます!嬉しいです!
15

井上 周

金沢大学院修士1年。内向的で人見知りで苦労しながらも、今ではコンピュータと人間をつなぐインタフェースの研究をしています。noteでは自分の気持ちや感じたこと、日々思うことを綴っています。将来の夢は多くの人を幸せにするものづくりをすること。感じたことを、感じたままに。

日記

1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。