見出し画像

バ美肉による異性器快感の錯覚現象【VRの新たな扉】

【注意】本記事は性的表現が含まれています。そのような内容が苦手な方や18歳未満の方はお読みにならないようお願い致します。また、本記事の内容を実施した場合、身体及び精神に対して何らかの変化をもたらす場合があります。実施する場合は全て自己責任でお願い致します。

クロスモーダル現象によって、現実の自分には存在しない女性器への快感を錯覚体験したので、その内容についてまとめる。ちなみに本記事執筆の目的は、性的快感の追求ではなく、VRのクロスモーダル現象の追求である。

クロスモーダル現象とは?

「現実には起きていないことを、あたかも起きたかのように脳が錯覚すること」である。たとえば、VRでジェットコースターに乗った映像を見た時に、実際には体は動いていないのに浮遊感を覚えたりするといったものだ。より身近な例でいうと、かき氷のシロップは色を変えるだけで味は同じなのに、異なる味を感じる。これもクロスモーダルによる錯覚である。

実体験でのクロスモーダル現象

私が体験した例でいうとラーメンのオブジェクトを口に持ってくると淡く味を感じたり、肌を撫でられると触られた感覚を得たりする。どうやら、この感じ方のレベルは個人差があるようで、人によっては全く感じなかったりする。このレベルに影響する要因の詳細は不明だが、VR歴が長いほど感じやすい傾向があるようだ。ちなみに私はとても感じやすい。

存在しない部位に対するクロスモーダル

シンプルに上記の例を活用すると、胸を触られて感じたりできる。これについてはセオリー通りで特筆することはない。では、現実世界の自分の肉体には存在しない部位に対してこれを行うと何が起きるのか。現実の私の肉体は男性であり、勿論女性器はついていない。そう、ここで一つの疑問が浮かぶ。

存在しない女性器を刺激したら感じることができるだろうか?」

バーチャル女性器への刺激

バ美肉した状態で座り、スカートの下から細長い突起物を挿入してみた。勿論、現実では全く何もしていない。だが、「不思議な感覚」がこみ上げてきた…

「やばい・・・!何か入ってくる!!!」

驚いた。男性器でも肛門でもない中間の部分に何かが入ってくる感覚があった。これが女性器を刺激された感覚と「同義か」は判別不能だが、少なくとも男性器を刺激された感覚とは違う。また、肛門への刺激でもない感覚だ。(私は肛門の刺激を経験したことがないので実際は分からないが)ちなみに、前方から入れると中間部位への感覚、下方からの角度で入れるとなんとなく肛門への刺激に感じる。つまりそのふたつは区別されており、前者はやはり第三の感覚、つまりバーチャル女性器への快感といえる。

催眠音声の女体化体験の例

調べたところ催眠などでも女体化で性的快感を得る例はあるらしい。VRは視覚から自分を女性だと錯覚させられるので、催眠よりも現象が起こしやすいのかもしれない。

クロスモーダルの快感への活用

VRによって存在しない異性器を刺激し、快感を得ることが可能だと分かった。バーチャルは性的快感さえも、性別の枠を超え体験することができる。もし、バ美肉済みで嘘だと思う方は「股に何か突っ込んでみる」といい。適合者なら感じられる筈だ。

これをどう活用するのかはあなた次第だが、知見として共有する。今回は性に寄ってしまい俗っぽい内容になってしまったが、有益に活用する方法は十分あると思っている。

■バ美肉関連記事

VR/ARの研究に興味がある方は是非フォローお願いします!→ @like_amaiokashi


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大好き!
121

あまおか【xR Researcher】

【AR/VR/MR関連のエモい情報を発信してます✍️】【バ美肉による心の変化を観測中】【xR技術者向けイベント #すたみと 主催】【VR番組 #VVTV 所属】【はてブカテゴリ別ランキング1位獲得🎉】

Virtual Life

バーチャルとリアルの行方
4つ のマガジンに含まれています

コメント1件

VR感度がないので高い人が羨ましい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。