心の整理のようなこと

うつ認定されてから、1人-身の周囲に人がいない状況-で過ごすことが多かった。すると、穏やかさと共にどこか虚しさを感じるようになった。

虚しさとは、なんというか、環境から自分に、自分から環境への応答がないということ。

応答がないと、自分の存在感は、あるんだけど薄くなる。

だけど、過去のことや、少し将来のことを考えるときがあると、そこに何かしら感情が生まれ、自分がいるのが分かるが、しんどくなる。どこか罪悪感が混じる。

こころのキャパって、自分が向き合える人の数なのかもしれない。

と、すると僕は、心のキャパは結構少ないかも。

それか疲弊してキャパが少ない状態にあるだけなのか。

これまで、誰といると落ち着くとか、楽しいとか、感情をその時々には感じれど、その感情をないがしろにしてきたところがある。

心があって、感情が生まれる。

感情があって、行動してきた。

その流れに積極的にのろうと今は思えない。

自分の行動原理は「怒」だと思っていたけど、それでは疲れてしまった。

これから何か続けていくうえで、原理を変えないといけない気がしているけど、それがきっとどこかで恐怖にも感じ、うまく変われないでいる要因なのかもしれない。

変わらなくてもいい気もする。

変わりたい気もある。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

shiita

生きやすい社会に変えていく力を身に着けるために「書く」ことをnoteにて始める。

うつ俯瞰日誌

私のうつに関しての徒然日誌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。