見出し画像

性病検査を受けた話

きっかけ、と言えば。(わたしはnote内はセキララに自分と語るのがテーマなので言うと)いま関係がある男のヒトに「あんちゃんあそこ臭うよ、炎症起こしてるんじゃない?」と言われたこと。

自分のあそこが「臭うもの」だと思ったことなかった。日本のどこかに住んでる女の子の中で臭うひとがいるという風の噂レベルだったのに、あ、わたしも臭う女の子なのかと思ったら恥ずかしくて堪らなかった。そんなきっかけがある前から、なぜか私はオシモがとても気になっていて、絶賛VIO医療脱毛中だしデリケートゾーン専用ソープで洗ってるのにその人の一言で「何も気にしてない雑な女の子」に成り下がった気がした。

臭いの前に、「えまって、炎症???あんな見えない穴の中にわたしは異常があるのかな?」そう思った時に凄く怖くなった。そう思ったら、私、自分の体のことなにも知らないんだと思った。そう思ったのですぐ病院へ。

私の行った婦人科(お母さんが私を産んだ婦人科)では、A.クラミジア、梅毒、子宮頸がん、HIVを調べるセット B.AセットプラスB型、C型肝炎を調べるセットがあった。私はAセット(検査費用は¥7,500)を選択し、血圧、尿、血液、目視検査をし、後日結果がでるという流れでした。(やっぱり足が開かれるあの椅子怖くて緊張した。)

後日、結果を確認しに行ってすべて陰性でした!(ぱちぱち)陰性と勝手な自信で信じていたけどそれが検査結果として数値で出るのは安心できるものだなと実感したし、そもそも自分の体のことが知れるのはとてもいい機会だった。裏付けって大事だなと。

この一件があって、私は自分の体のことも、性格のことも、やりたいことも、どうしてこんなに自分のことが分からないんだろう。お休みの時こそ、自分に目を向けた方がいいと思ったし、そうすることで自分をもっと大事にしてあげられるんじゃないかな。

p.s.炎症について先生は何も言い出してくれないから、恥を偲んで「炎症ってありますか?」と伺ったら『それはないよ、全く。もし気になるなら雑菌を落とす薬だしといてあげるね。でも自然なものだから洗いすぎたりしないで。』とお言葉を頂いた← そのお薬っていうのが、膣の中に入れるお薬だったのだけど、、、使うときに恐る恐る見てみようと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

アンナ

93 : 営業女子 : 服とメイクが盾 : 韓国とカレーが好き

女子事情

わたしが体験した女子のこと、大変なこと、楽しいこと。女子だからできること。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。