モリナガアメ/かんもく漫画発売中

特定の場面で話せなくなる場面緘黙症についての漫画を描いています。 WEB漫画に加筆修正・解説も入った「かんもくって何なの!?」発売中。 http://amzn.to/2EX9MQS  http://amemorinaga.wixsite.com/amemuchi

なぜ山田さんとは仲良くなりそして今も友達でいられるのか

さて、今回は山田さんと私の場面緘黙症の関係性について書こうと思う。

(pixivFANBOXで3回に分けて投稿したものをまとめたのでとても長いけど、興味のある方は読んでいただければ嬉しいです。個人の話なので参考になるかはわかりませんが…;)

ここを読んでくれている方は説明せずともわかるだろうが、山田さんとは私の小学生からの幼馴染で、場面緘黙症時代から現在にかけて唯一付き合いのある友人である。

もっとみる

「話せない私」を考える:第7話「しかし油断は禁物」

前回ちょっと一区切りな感じと言ったけどあれは嘘だ!!!って感じの内容になってしまいました。どちらかというと今回で一区切りな感じですね…

いくら場面緘黙が大変だと思ってはいても、話せる世界の感覚も知らなければ感覚の差は比べようがないし伝えるのに説得力がないのでは…?というのをずっとどこかで私は思っていて。
ならば話せる世界も知ったうえで、比べてみたけど場面緘黙はやっぱり大変だよって言えるようになっ

もっとみる

「話せない私」を考える:第6話「自分でやってみた事」

今回の話でちょっと一区切りな感じです。
次回からは自分の内面と向き合ったことで気が付いた他の色々な事についてです。

※noteとpixivFANBOXにて漫画を有料先行公開しています。有料版でしか読めないオマケ漫画や限定記事等もありますので少しでも支援していただけたらとても助かります。よろしくお願いいたします。
FANBOX:https://www.pixiv.net/fanbox/creato

もっとみる

「話せない私」を考える:第5話「職場環境で良かったこと」

今回の話はとても描くのがしんどくて、どうしてなのか考えていたのですが、私は自分の経験が参考になれば…と思ってはいるものの、「こうして欲しい」と誰かに頼む事にはいまだに恐怖心があったり「なんておこがましいんだ」とか「甘え」だと思っていて、だから「こういう環境が良かった」という事を漫画にするのも押しつけなのではないか…?と怖いのだなと気が付きました。
でも身近な人が大変な思いをしていたら力になりたいし

もっとみる