場面緘黙漫画について・まずはじめに

こんにちは。モリナガアメのnoteにお越しいただきありがとうございます。

こちらのnoteでは現在場面緘黙症(※作者は主な症状は克服した後で場面緘黙症の事を知ったので、自己診断という形です。)だった作者の経験をもとにしたエッセイ漫画の更新を中心に行っています。

こちらは元々pixivで更新していた作品ですが、少しずつ場面緘黙の認知が広まってきたり、本を出版させていただいたりした中で(「かんもくって何なの!?発売中です!)、もう少し閲覧して貰える機会を増やそうと出版社様と相談の上、noteでも公開する事になりました。(全ページ公開は期間限定の予定です。)

pixiv掲載時より多少手直ししている部分もあります。
気が付けばもう2年以上前に描いた漫画なので、今見ると恥ずかしい部分も多々あるのですが、よろしければお付き合いください。
そして場面緘黙症についての理解がより広まると嬉しいなと思います。

また、描いているのはあくまで、狭い世界の中で生きてきた一個人の出来事や考えです。

個人的な話であり、他の当事者の方々に全て当てはまる訳ではない事はご了承いただければと思います。
特に場面緘黙症の発症に家庭環境が影響しているとは限らない、という事は何度でも伝えていきたいです…!

かんもく少女~の続編も近日連載開始予定です。

よろしくお願いいたします。

2018/2 モリナガアメ

※場面緘黙について私が調べた書籍やサイトについてはこちら(ブログに飛びます)

※漫画の無断転載はおやめください。SNSやブログ等で紹介して頂く際は(ありがとうございます!)、部分的に画像を使用して頂いても構いませんが必ずリンクを張って貼っていただけるようお願いいたします。

※現在個人で制作している為、サポートもお待ちしております。
収益があった場合は場面緘黙の資料の購入費・画材費等、創作活動に充てさせて頂きます。


サイト:http://amemorinaga.wix.com/amemuchi
Twitter:@morinagaame
Mail:musiko_ko☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい。)
メールについては個人的な感想・相談等には現在お返事できておりません。
申し訳ありません。ですがありがたく拝見させて頂いております…!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけた場合、ありがたく場面緘黙についての資料の購入費・漫画を描くにあたっての画材費等に使わせていただきます。個人で制作している為、少しでもサポートいただけたら幸いです。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。