新規事業に携わって実感した、ビジョンの存在意義

amiのもり(@atsukomr3)です。

スタートアップデータベース「entrepedia」、起業家とサポーターがつながるライブアプリ「ami」というスタートアップに関するプロダクトに1年携わる中で、ミッション・ビジョン・バリューに関する学びが今年もっとも実感できたことだったので、学びを備忘として残します。

本noteでは下記について簡単にまとめています

・ミッション・ビジョン・バリューの定義
・ビジョンを自分ごと化するまで
・ビジョンを自分ごと化して得られたメリット
・これからの課題

ミッション・ビジョン・バリューの定義

まず、認識のずれをなくすために本文のミッション・ビジョン・バリューは下記をイメージしています。

出所)リクルートマネジメントソリューションズ「IT Management Journey vol.5ミッション・ビジョン・バリューをどうやって浸透させるのか?」

また、前提として、わたしは今年の1月からユーザベース(以下UB)グループであるジャパンベンチャーリサーチ(以下、JVR(規模的には雇用形態に関わらず15名前後、新規事業の位置づけ))へ異動しています。それまではユーザベースのSPEEDA(規模的には雇用形態に関わらず100名超)に所属していました。

ミッションとバリューはGr共通のものに対して、UBとJVRの違いはビジョンです。前述の図にJVR着任時(2018年1月1日)の具体的な状況を当てはめると下記になります。

2017年にUBと一緒になったJVRですが、2017年はPMIがメインでした。2017年後半に当時のメンバー全員でこのビジョンを決めています。(PMIについてはこちらでも触れています

したがって、わたしはこのビジョン策定には関わっていません。「着任して知った」状態です。異動するしないのタイミングがJVRのビジョン策定の時期でもあったので、いわゆる「うちはこういうビジョン目指してるけど、大丈夫?」的な採用時に話す内容も特段あったわけではありません。

異動できた・した理由として、「明るい(?)アナリスト」と「データ好き」という需給の一致もあったと思いますが、解像度は低いけど自分の仮説とバリューの発揮の仕方をもっていたことがあると考えます。

(写真:JVR年始のお参り。なんかみんな顔ちがう・・・?)

ビジョンを自分ごと化するまで

わたしはJVRの異動前、2017年後半からJVRのデータを利用したレポート執筆作業のみ関わっていました。

スタートアップに明るかったからではなく、当時SPEEDAのアナリストチームへ異動したてで役割が特段ついていなかったこと(異動ばっかりしてる笑)や別プロジェクトを進めていたこと、時系列データ触りたいと言い続けていたことなどが理由としてあげられます。

スタートアップ業界が未知すぎたので、当然リサーチから入るわけですが、わたしの場合、全容を体系的に掴みたかったので、リサーチは論文検索から入り、大学図書館などをあたりました。

そこでわかったことは、日本の事例はほとんど網羅的な定量分析がなされていなかったことでした。他方、米国の先行研究などはそういった網羅的なデータに加えて、アンケート調査を用いた分析も進んでいる印象をうけました。

また、文献についても体系だったものは少なく、主たる情報源はインターネット上での記事や実際にスタートアップ業界にいる人からの伝聞ということもわかりました。

(写真:夏のami合宿時。昼間から酒を飲む証拠を押さえた)

この事実がわかって、でも期間内に何がしかのアウトプットを出したかったので、めちゃくちゃ困った記憶があります。

同時に、わたしで困ったということは、これはスタートアップ業界で挑戦する・したい人はもっと困るだろうなと思いました。なぜそういう思考をしたかというと、前職では、融資という形で経営者と接する中で経営の大変さを目の当たりにし、それを少しでも軽減したいという想いが少ないながらもわたしのモチベーションだったからです。

スタートアップ業界は「業界」というくくりでみますが、一般的ないわゆる「業界」とは異なり、比較的短期間で様々な形のプレイヤーが流動的に出入りしているため、ナレッジがなども貯まりにくいし、インセンティブが小さいのもわかります。データも変動するしね。

でも、その時は直感で「めっちゃ偏ってんな」とぼんやり思いました。そして、この偏りはファクトベースでの共通認識がないからかもとも。

ただでさえリスクの高いことに挑戦している人たちに情報格差がこんだけあっていいのか。情報格差の完全な是正にはあんまり興味ないですが、もう少しこれが解消されれば、日本てもっとワクワクするんじゃないという飛躍的な仮説を持ちました。

でもって、当時わたしの研究テーマが「情報開示が資本コスト(ダウンサイドリスク)へ与える影響」と情報開示の可能性に興味をもっていた。

(写真:amiリリース後はじめてのユーザー会)

そして、その解消できる武器が手元にあってしまった。そう、entrepediaのデータです。entrepediaだとなんかやれちゃいそうだし、そこの解消をとりあえず試行錯誤してやりたいという使命感を持ち、それを代表に話して異動するに至りました。

アナリストとしての分析力を買われたわけではなく(もともと分析を仕事でやってた経験はなく論理的ではない笑)、なんかよくわからない状態の中で何かを形づくる力と使命感を買ってもらったかんじでしょうか。

幸運だったことは、わたしの謎仮説とモチベーションが結果的にビジョンと大きく離れていなかったことです。

ビジョンを自分ごと化して得られたメリット

この「自分がやる理由」を持てたのは、その後のパフォーマンスにも大きく寄与したと思います。データの希少性から、文字通りいろんな人が目にし、時には意志決定に使用されるレポートのリリースや「スタートアップをファクトで知ってる人」という前提での取材やプレゼンの依頼。

すべてこれまでにやったことがない領域の仕事に踏み込んで、めちゃ面白かったと同時にプレッシャーにやられて口癖は「やばい」と「お腹痛い」。

それから、「でもなんかできそう」。

(写真:amiリリース後、Techableさんにとり上げていただいた用にオフィスで)

折れそうだったけど、折れずにどんどん前進しようと思えたのは、チームをはじめとして周りの支えがあったことは言うまでもなく、やっぱり「なんかやれそう」という未来への想いだと思います。

また、わたしは欲張りなので、自分でできない以上の仕事をどんどん増やして、できないと騒いでチームや役職関係なく周りの人にやってもらう迷惑なタイプです。

でも、仕事を増やすことが全部未来の「なんかやれそう」に繋がってる理由を話すと、同じくビジョン共感度の高いメンバー(ビジョンを自分たちでつくっているメンバーなので共感度が高い)はそれに対して嫌な顔を一つせずに進んでやってくれるという好循環があったから、成果に繋がったと考えます。

これは、先行研究にもあるみたいですね。

出所)リクルートマネジメントソリューションズ「IT Management Journey vol.5ミッション・ビジョン・バリューをどうやって浸透させるのか?」

あと、周りのみんなが一緒にやってくれた要因としてもう一つ大きいものはバリュー。目標に対して実際の行動基準はやっぱ違うんです。UBGrには「7つのルール」というバリューあり、それを徹底しています。仕事でのミスは怒られないけど、7つのルール違反は怒られるし、怒る。

この行動基準が浸透しているから、細かいコミュニケーションせずに安心して全力疾走することに注力できたのは本当に大きかった。まじ創業者たちに感謝。

挑戦はある程度の安全心理がないとできないし、チームの不安定に繋がる。そこを、ビジョンでゴールを定め、バリューで走り方のベクトルをそろえることでヘッジできることを実感でき、これを解像度高く自分の言葉で話せるようになったことは大きな収穫でした。

(写真:JVR12月の合宿時)

これからの課題

今年、JVRは増員しチームが拡大していますが、来年も新しいメンバーが増えていくでしょう。すなわち、ビジョン策定に関わってないメンバーがチームに占める割合が高くなる。

その中で各自のパフォーマンスを高め、組織としても高いコミュニケーション水準を維持していくためには、各自がいかにビジョンを自分ごととして捉え、モチベーションを高め、行動し、パフォーマンスにつなげられるかが次の課題になっていくでしょう。

マズローも自己超越を想定していたらしいです。

出所)リクルートマネジメントソリューションズ「IT Management Journey vol.4個人の意欲をどのように高め、組織の力に転換していくか?」

行動とパフォーマンスの部分はOKRなどでみていける(承認もできる)思いますが、ビジョンの部分はビジョンを自分の言葉で話せる人を増やすくらいしか思いついていません。

そのためには、話せる人が普段から言い続けて内省のきっかけを生み出すことや、当事者にならないとわからないことも多いので任せてみる。役割はどんどん変えたら良い派。

そして、それに対して個々のキャリアを結び付けられるように、仕事のほうをデザインしカスタマイズしていけるかが来年の課題です。

「~しなければならない」や管理といったことが自分は大嫌いなので、仕事にフィットしてもらいたい。反対に、仕事や役割に縛られて組織が停滞するほうが怖いかも。

なので、自分が興味ある「直感」を解像度高く話すことや、周囲もそういったことが自発的になされるような環境を仕組みをつくっていければいいな。

そして、自分たちも成長しつつ、今年はユーザーのみなさんに助けられる場面が圧倒的に多かったので、来年、強いプロダクトをつくり、挑戦する勇気と機会を生み出せるように進めたい思います。

(写真:年末のJVR合宿。ストレングスファインダーでの相互理解やりました)

amiでは人も募集しておりますので、興味ある方はお気軽にご連絡ください。

amiをなんでやってるかは下記記事もご覧ください


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

Atsuko Mori

entrepedia / ami 執行役員シニアアナリスト。挑戦する勇気と機会を生み出すプラットフォームをつくる。スタートアップをファクトベースで網羅・把握し、イノベーションを加速する。biz.entrepedia.jp / ami.live
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。