ショートカットキーの話がしたい

 デジタルで絵を描くひととしゃべってみたい話に、「ショートカットキーどう設定してる?」というのがある。参考にするしないはさておいて、人それぞれに最適化されたキーボード配置があるのかと思うとわくわくするのだ。たぶん、アナログだったら作業場が見てみたいという感覚になるのかな。

 そんなわけで私もよく使うショートカットを図示してみたので、よかったらあなたのも教えてほしい。これが現状のマイベスト、使用ツールはSAIだ。(本当はマーカーやエアブラシや平筆も配置したいのだが場所が足りていない)


 キーは便利だ。手元を見なくていいからだ。たとえば「不透明保護」と「レイヤー塗りつぶし」で塗った色を変更などしたいとき、わざわざ「レイヤー」の「レイヤーを塗りつぶし」をカーソルで選んで変えていると、一度キャンバスから目を離さなくてはならない。それがショートカットキーならば、色をちょっとずつカラーサークルでいじりながら、左手でエイエイエイと連打すれば、キャンバス上でどう変わったのかを見ていられる。便利だ。ありがとう、現代技術。

 うん、今書いてて気づいたが、「キャンバスから目を離さなくてもいい」というのはものすごくじゅうようなのかもしれない。ツール変更のための手間が省けるよりも、それがストレスの軽減において大切だったのか……没入感……ハピネス…………。


 ショートカットキーを操作するために左手をキーボードに乗せて絵を描いているわけだが、乗せていないと妙に安定感がなくなる。操作が出来なくて不便ということもあるが、物理的にグラグラするのだ。線が思ったように引けない。さらっとした線にならない。机に手を乗せても支えてもダメだった、キーボードじゃないと安定しない。左手を戻すと、途端にしっくりする。

 慣れとは不思議なものである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

ブリテイル

テキスト

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。