詩 20

孤独が
どっしりと腰を据えて
私を眺めていた

白濁した片方の眼を
時々擦りながら

真夜中のキッチンは
私に他人の顔をする
昼間は私がここを治めていたはずなのに

孤独が
ゆっくりと息を吐く

しん、としたキッチンの床は冷たく

ぶうぉん、という冷蔵庫の
怠惰な音だけに

私は今、救われている





#現代詩 #詩 #孤独 #キッチン #真夜中 #poem #poesie #art #midnight #kitchen

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

yoshie

紡いだことばたち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。