見出し画像

危機が迫れば、人は工夫する。

人は、カネがなくなればなくなるほど、財布が空になっていくだけでなく、創造力も失われていく。そう思っていました。でも、きっと違います。

余裕がなくなったときこそ、創造力豊かになる。ということを身をもって知ったからです。危機が迫れば迫るほど、どうにか生きようと人は工夫し、MAXで創造力が働くのではないかと思っています。

僕は今、フリーランス100日目くらいです。自分で仕事を取るのはすごく難しいです、正直。色々工夫しないとホントやっていけません。そうなった時に今まで浮かびもしなかったアイデアがたまに浮かんで来ることがあります。

これは、まるでスーパーサイヤ人。
よく漫画でピンチの時こそ強くなるキャラがいますが、あれです。
あれは、生存するために死にそうになったら真の力を発揮するというわけです。同じように、カネが無くなったら真の創造力を発揮しないといけません。生きるために。

お金を持って、何にも困らず暮らすようになったらもしかしたら創造力は働かなくなっていくかもしれません。筋肉のように、使わなければ失われていきます。ホンキになるには、限界まで自分をピンチに追い込むことが大事。筋肉のように、追い込めば追い込むほど超回復が見込めます。

だから、昔とこれからの自分に言いたいのは、
こんなに不安定な活動だけど、時が来たら必要なアイデアがきっと浮かぶ。大丈夫!そのままやってけ!アイデアがあればあとは行動あるのみ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートももちろんすごく嬉しいですが、SNSでシェアしていただくと超喜びます!Twitterシェアしていただける場合、@seiyaaa_8)でメンションもらえると助かります🙇‍♂️

読んでいただきありがとうございます!
3

SEIYA|旅と暮らしデザイン

1995年、神奈川県川崎市生まれ。今年大学を卒業して、新卒フリーランスに。もっと旅(未知との遭遇)を暮らしに取り入れやすくなるためのデザインをしています。冒険と創造のある暮らしを実践し、その途中で生まれるつながりを大切にしています。Soft. Guesthouse 運営代表。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。