古典落語・芝浜

「芝浜の貧乏長屋に住む魚屋の三郎。腕はいいし人間も悪くないが、大酒のみで怠け者。金が入ると片っ端から質入れしてのんでしまい、年中裏店住まいで店賃(たなちん)もずっと滞っているありさまでございます」
 落語ツアーに参加することになった梓と風音が、旅館につくなり、いきなり始まった左近の口上を聞かされていた。
 十数人の落語家の新人たちが持ちネタを披露する懇親会らしい。
 後で、梓も演じてくれと頼まれてしまった。旅費を全額負担してもらってる立場からは断れなかった。

「今年も師走で、年越しも近いというのに、三郎は、相変わらず仕事をほったらかしで、酒を呑んで寝てばかり。女房もさすがに亭主に泣きつきます」

『あんた、このままじゃ年も越せないから仕事してくれませんか? 後生です』
『ん~……。仕事したくても、道具がねぇから無理だ』
『なに言ってるんですか。道具はちゃんと用意してますから、さっさと仕事に行ってくださいな』

「女房の言葉どおり、盤台もちゃんと糸底に水が張ってあるし、包丁もよく研いであったので、さすがの三郎もしぶしぶ天秤棒を担ぎ、追い出されるように出かけました。しかし、外に出てみると、まだ夜は明けていない」

『カカアの奴、時間を間違えて早く起こしゃあがったらしい、今帰っても二度手間だ。仕方ねぇな』

「そう思い、海岸でぼんやりとたばこをふかし、暗い沖合いを眺めているうち、だんだん夜が明けてきた。顔を洗おうと波打ち際に近づくと、何かを見つけました」

『ん? なんだ? おおっ! これは、財布じゃねぇか!』

「中身を見てみると、財布には小判が入ってるではありませんか。これを見た三郎は『これで当分は遊んで暮らせる』と顔色を変えて、急いで家に帰りました。

『あれ、あんた、もう帰って来たのかい? 仕事はどうしたの』
『どうしたもこうしたもあるか!』

「そう言いながら、誰かが後ろから追ってきてないか、三郎は玄関から顔をだして左右をみて、安全だと思うと、懐から財布を女房の目の前に叩きつけます」

『こ、これはどうしたんだい? ひいふう、みい……四十両もあるじゃないの! まさか、仕事したくないからといって強盗でもしたんじゃ……』
『ええい! お前は俺の事をそんな風に見てたのか! これは芝浜を歩いていたら、海の中に落ちてたんだ! 人を襲うなんて、誰がそんな恐いことをするかい!』

「ネコババも決して自慢できることではないのですが、そこは棚上げした三郎。その金で酒を買ってこいと、言うと女房は、これ以上三郎が騒ぐと長屋の住人が覗きにきてしまうと思い、しぶしぶと従います。そんな女房の気持ちをよそに、三郎はその夜は夜通しで酒をしこたま呑んで寝てしまいました」

『ーーちょいと、ちょいとおまえさん』
『あー……なんだ?』
『いつまで寝てるんだい? もう、お天道様はのぼっちまったよ? 今日こそは商いに行くって約束したじゃないか』
『あぁ? 四十両も拾ったのに、商いなんて行ってられるか』

「いい気持ちで寝ていたところを、女房が起こされ、不機嫌な三郎。しかし、それを聞いた女房は三郎を睨み、怒りだしました」

『どこにそんなお金があるんだい? ははぁ、おまえさん、仕事をしたくないもんだから夢でお金を拾う夢を見たんだね』
『な、なんだと?』

「女房が言うには、昨夜にずっと酒を呑んでいて、急に寝たと思ったら、なにやら喜ぶ寝言を叫んだと言うのです。言われてみれば、ここ数日はずっと呑んだくれていたので、自分でも自信が無くなってきました」

『それじゃ、なにかい? 俺が酒を呑んだのは現実で、金を拾ったのは夢だってのか?』
『そうだよ。疑うなら、家中探してごらんよ。四十両という大金なら、すぐ見つかるでしょうよ』
『…………』

「女房に言われて、三郎、戸棚の中など探してみますが、小判の一枚も出てきませんでした。しばらく探した三郎、さすがに自分が情けなくなり、『今日から酒はきっぱりやめて仕事に精を出す』と、女房に誓うのでした。そして三年後……」

『あー。今年はやっと借金のない年を迎えられるな』
『お仕事、ご苦労さまでした』
『そう、かしこまるなって。夫婦じゃねえか』
『……おまえさん、これを見てくださいな』
『なんだい、なんだい』

「三郎は、妙に緊張した面持ちの女房に笑って答えると、女房が出してきたのは夢の中で拾った財布でした」

『実は、おまえさんがこの財布を拾った時、酒を買って来いって言ったじゃない? あの時、おまえさんが酔っぱらって寝た後で、大家さんに相談しにいったのさ』

「当時、拾ったお金を使ったり、ネコババしようものなら、犯罪として逮捕されました。ましてや四十両などという大金を使い切ろうものなら、死罪もまぬがれませんでした」

『だから、これは奉行所に届け、あの時のお酒の代金は大家さんから借りたのさ』
『……拾ったのは夢にしろって大家さんから言われたのか?』
『そうだよ。このお金は落とし主不明ということでお奉行様から先日、届けて頂いたものです』

「そうとも知らず、おまえさんが好きな酒もやめて懸命に働くのを見るにつけ、辛くて申し訳なくて、陰で手を合わせていたと泣く女房」
 左近が、女房を真似て、泣くしぐさがなんとも女性らしい。思わず梓はぞわっと鳥肌がたった。

『とんでもねえ。おめえが夢にしてくれなかったら、今ごろ、おれの首はなかったかもしれねえ。手を合わせるのはこっちの方だ。女房大明神様だ』
『よしとくれよ。ささ、もうおまえさんはもう立派に禁酒を果たしたんだ。もう大丈夫だから、呑んどくれ』

「三郎は女房がついでくれたお猪口を手に取るが、そっと返しました」

『どうしたんだい?』
『いや、やっぱり、呑むのは止めておこう』

「また夢になるといけねえ」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

峰岸ゆう

楽しい落語の話し方

創作落語。 女子中学生2人が、落語の世界に飛び込む。 プロの世界で鍛えられた落語サラブレッドの小学生に創作落語で挑む。 ちょっと恋愛もあるよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。