見出し画像

愛しの川鵜 生き物ボランティアで「ストレス対策」

 野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。

 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

 最近は数が減った「川鵜」達。半数は避寒のため、瀬戸内方面へ移動中。大きな河川で、川鵜狩りの鉄砲の犠牲になった個体も多数。

 人をチョー警戒する川鵜となぜ仲良くなれたのか。
それは3年前の夏に片羽根をケガした川鵜との遭遇から始まりました。ケガで飛べなくなり、宇田川河口の護岸ブロックの中に隠れて生活していた川鵜のクロちゃん。
 そのクロちゃんを偶然見つけて、時々「魚」を投げ与えていたところ、数か月後にケガが治ったのか姿が見えなくなりました。

 そして翌年の初夏に姿を現したクロちゃん(川鵜)は、私を覚えていて、またまた魚のエサやり再開。そしてしばらくすると河原に上陸してきて、エサを食べたり羽根を乾かすようになりました。

画像1

画像2

画像3

 そのうち、砂浜から護岸道路のガードレールに飛び乗ってきて、私の手からエサを食べるようになり、その姿を見た群れの仲間の川鵜達もマネをするようになり、最盛期には5羽に手からエサやりという異常事態に(金欠でエサ代が 汗)

画像4

画像5

画像6

画像7

 手からエサやりっていっても、川鵜の場合は実はチョー危険なんですよね。
川鵜の上の口ばしの先端はナイフ状の切れ味で折れ曲がるようになっています。
 そこで噛まれると、手袋をしていても指の切断は必至(汗)

画像8

 つまり、私のように「動体視力」がズバ抜けていないと危険です。集中すると、相手の動きがスローモーション並みに見える動体視力が必要です。


幻の邪馬台国 / 卑弥呼女王の石棺

画像9


3カ月で「糖尿病とメタボ解消」ダイエット

画像10


4か月後からの「楽に生涯・健康ダイエット」

画像11


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

やった~
2

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。