見出し画像

白鳥やアヒル達と見た「淀江花火大会」

画像1

 やはり夏の思い出といえば「花火大会」。
今年も8月15日には「淀江町盆踊り花火大会」が行われます。

 山陰・淀江町の宇田川河口の東岸(鳥取県米子市)で行われますが、盆踊り大会のあとに行われる
 ①夜の浜辺でのベリーダンス
 ②水中花火や打ち上げ花火
が目玉で、この田舎町に1万人以上の観客がつめかけます。

 宇田川河口の東岸は、盆踊りなどの主舞台ですが、実は西岸側が2kmの長さの幅広い護岸道路で、ここに車を止めて花火観覧する人が少しずつ増えてます。

 なぜ、夏の思い出がこの淀江花火大会かというと、可愛がっていたコブ白鳥のつがいや多数のアヒル達と一緒に見たからです。

 宇田川河口の砂浜は、花火大会や祭りの特等席。
そこにコブ白鳥のつがいや多数のアヒル達と一緒に陣取って、私は缶ビール片手に観戦。
 私が真ん中に座っているせいで安心したのか、水鳥達は花火の轟音も辛抱して見てました。


画像2

画像3

画像4


 それも夏のうたかたの夢
アヒル達は5年前に絶滅し、コブ白鳥のつがいは去年、相次いで亡くなりました。

 今年は、私ひとりで河口の砂浜に座って、缶ビールで亡き水鳥達に乾杯予定です(涙)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

嬉しいです。
8

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

生き物ボランィアで「ストレス対策」

野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。