見出し画像

愛しのコブ白鳥とアヒル達 あの夏に乾杯!

  16年前に会社を脱サラすることが決まり、移住先を決めるために山陰地方を車中泊で放浪。
 居住していた瀬戸内地方のムシ暑さに耐え切れず、移住先は山陰の雪カキのない「鳥取県西部~島根県の東部」と決めていて、山陰各地をさまよいました(汗)。

 三江線の江の川は魅了されましたが、水辺に住みたかったのですが、江津市の海辺は殺風景すぎて(汗)
 本命は宍道湖や中海沿いの松江市。ただし、独特の地形からくる強風10m以上という自然環境に断念。

 そしてさらに西へ向かい、平野の途切れるギリギリの場所に位置する淀江町(鳥取県米子市)の淀江海岸で車中泊。
 ネット接続で発電機をまわしていたこともあり、夜間に警官隊に踏み込まれたり(汗)。

 淀江町から引き返そうとして9号線を目指す中で宇田川の河口に到着。

 そこで、2羽のコブ白鳥と3羽のアヒルを発見。
「ビビビ」と来ました(汗)

 コブ白鳥もアヒル達もある程度人慣れしていて、近くの丸合淀江店で購入した食パンをパクパク食べてくれました。

 水鳥などはじっくり見た記憶もなく、興味も0でしたが、なぜか「ビビビ」と心と魂をゆさぶられ、知り合いになった人の紹介で淀江町の宇田川河口に定住

 コブ白鳥やアヒル達にエサやりを開始しましたが、市のほうからの依頼で、鳥取県に出向き、保護計画書を提出して「宇田川での河川使用許可」を取得。

画像1

画像2

画像3

画像4


 エサやり16年ですが、数々のトラブルもなんとかしのいだものの、孵化させて増やしたアヒル達は5年前にイタチ軍団に襲われて全滅。
 コブ白鳥のつがいは、去年(2018年)の2月にメスが老衰死。オスは6月に上流の護岸道路で事故死。

 そして、私の愛した水鳥達は全滅という(涙)

 今は、ネット仕事のかたわら、懐いた川鵜に手からエサやりしたり、エサやり後は100羽以上のウミネコたちに囲まれて、砂浜で「伴奏のないカラオケ劇場」も。

 人には絶対に近づかない川鵜ですが、私だけは例外で、私が手を振ると浜辺や護岸道路に飛来してきます。エサが無いときには、待たせておいて丸合淀江店へ走ってゆき魚を購入します(汗)

 あと、20羽近いハトや巨大鯉10数匹にもエサやりしてます。
実は、山のヤギ農場(6頭のヤギ)へテクテク歩いていって、草刈りしてボランティアの餌やりもしています。

画像5

画像6

画像7

画像8



■「楽に生涯・健康ダイエット

画像9


画像10


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

やった~
4

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

生き物ボランィアで「ストレス対策」

野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。