ウォーキングの誤解 "カロリー消費の罠"

 「1年間、毎日1時間のウォーキングと健康茶、カロリー控えめ生活でも、全然ヤセなかった
 という内容に似た声が多数(汗) 
  ★なぜ痩せられないの?

 実は、ウォーキングに関しては、かなりの誤解がありますね。

 外を1時間歩く(お散歩気分)⇒ 若返り効果(老化防止)はありますが、ダイエット効果は、ほぼナシ ですね。

 なぜかというと、気軽な お散歩のカロリー消費は、軽い家事労働とほとんどかわらず(汗)で、少し早めのウォーキングより、60%ほど低下します。
 有酸素運動としてのウォーキングは、ある程度のスピードが必要で「少し発汗。息が少しハァハァ」などの体への影響が現れないのは、楽し過ぎでダイエット効果はナシ。

 〜運動の消費カロリー Mets数〜
 Mets数1     休息
 Mets数2~2.5   散歩
 Mets数4     ウォーキング(少し早め)
 Mets数5     速いウォーキング
 Mets数6     ジョギング(軽度)
 Mets数6〜8    自転車
 Mets数8     (腕立て伏せ、腹筋、懸垂)
 Mets数9     縄とび
 Mets数8〜12    水泳

 さらに、根本的な問題が。
 速いウォーキングを1時間したところで、その消費カロリーは、帰宅後のショートケーキ半分ほど(数秒)で帳消し(汗)。
 カロリー消費が目的なら、「水泳」しかないという。

 私がトータル10分程度のウォーキングやジョギングをする理由は、カロリー消費などは眼中になく
脳細胞の活性化(ボケ防止)
②足裏のかかとの骨への衝撃による全身の若返り効果
③足腰の筋肉増強と維持による基礎代謝のアップ
 です。

⇒ ◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです。
5

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

健康・ダイエット・長寿オタク。 メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。 ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。 「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。「手からのエサやり」。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

老化と若返り(美肌)、健康長寿

3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。