愛しのヤギ② 生き物ボランティアで「ストレス対策」

 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然の恵みに感謝。

 野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。
 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。

 15年間にわたる「コブ白鳥のつがい」との日々が去年、突然終わりをつげました。その生き物ロスを緩和してくれたのはウミネコやヤギ達の存在。

 正直、4頭のヤギの食事確保やモロモロの面の世話には手に負えかねるケースも(汗) 特に、1か月後に出産も控えていて(汗)

 飼い主さんの復帰が不透明になり、先日、とうとう家族関係者の方から、ヤギ達の処分(出来る限り譲渡)の話が出ました。譲渡先が見つからない時は殺処分かもでアセっています。

 3年間にわたるヤギちゃん達とのふれあい。

 最初はオスの登クン(3歳)。その次は1頭だけで寂しく放牧されていたメスヤギのユキちゃん(2歳)。
 主力の2頭(お婆ちゃんヤギとヤンママ)からは遠く離れていたので栄養状態が悪く2歳になっても小柄なままです(汗)
 「内弁慶」のユキちゃんですが、私と一緒だと元気になり油断していると角で頭突きをしてきましたが、最近は大人になったのかスゴクおとなしくなりました。
 私が一番かわいがっているのはユキちゃん(2歳)です。


 ユキちゃんはお婆ちゃんヤギ(6歳以上)の子供ですが、ヤンママ(4歳メス)の子供の黒ヤギが、砂地で放牧されていて熱中症で衰弱死という痛ましい事件も。





幻の邪馬台国 / 卑弥呼女王の石棺


3カ月で「糖尿病とメタボ解消」ダイエット


4か月後からの「楽に生涯・健康ダイエット」


ガン必殺の"高免疫力"獲得 & ガン制圧の"三つの矢"


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やった~
4

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。