髪が生える「グレリン」、肥満に注意!!

空腹感を感じるほど、発毛が促進される」ことが判明。
 空腹になると"サーチュイン"という長寿遺伝子が活動開始し、寿命延長だけでなく、発毛も促すとも。
 また、空腹状態になると、胃で「グレリン」というホルモンが作られます。グレリンは知覚神経を刺激し、IGF‐1(発毛効果)を増やすが、その増える量は空腹時間の長さに比例します。

 週に1回の朝食抜きのプチ断食(16時間以上)で効果があるようです。
私は、週に4日以上はプチ断食((16時間以上)をしています。
 また、プチ断食はケトン体エネルギーに切り替わるため、抗がん対策で脚光を浴びています。

 1GF-1は成長ホルモンから作られますから、ガンも促進する恐れがあり、IGF-1の暴走を抑えるには「肥満にならない事と大豆食品を多くとる」事が安全策ですね。 

 脂肪細胞から精製される「レプチン」は食欲を抑制してくれメタボ対策には絶好のホルモンですが、胃で生成される「グレリン」は、食欲を旺盛にするホルモンで肥満(メタボ)の原因物質のひとつとか(汗)。
 
 食事ブログやインスタグラムで掲載されるおいしそうなケーキのおびただしい写真の数。
 コメントには「食事でお腹一杯。でも、ケーキは別腹でペロリ」。
この「別腹」の食欲の源が「グレリンによる中毒性」といわれています。
 グレリンは、成長ホルモンを増やすだけでなく、食欲増進効果があり、メタボ対策も考えるとビミョーなホルモンですね。

 グレリンの暴走を抑えるには、過剰な体脂肪の蓄積を減らすことや、睡眠や規則正しい生活も大切です。


⇒ ◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

⇒ ■67歳(高齢者)でも「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やった~
6

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

健康・ダイエット・長寿オタク。 メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。 ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。 「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。「手からのエサやり」。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。