薄毛(ハゲ)脱出には「三つの食材」


 薄毛(ハゲ)の大きな要因は
血行不良
栄養不足
ストレス
AGA(男性型脱毛症)
⑤アトピー性皮膚炎
⑥頭皮の洗いすぎ、整髪剤の刺激
 と言われています。

 特に食材での「①血行不良、栄養不足、ストレス、⑤アトピー性皮膚炎」への対処が薄毛(ハゲ)脱出に大きな効果を発揮します。

 薄毛(ハゲ)脱出の三大食材といえば
大豆食品(豆腐、納豆)
唐辛子
ココア

 IGF-1が増えると、発毛を含め、皮膚の再生も加速されます。
 IGF-1とは「(育毛物質)インスリン様成長因子」とも呼ばれていて、70のアミノ酸でできているポリペプチドです。

IGF-1を増やす方法は「胃などの知覚神経を刺激」することです。
 知覚神経を刺激する有力な成分は下記の二つ
  ①イソフラボン(大豆食品)
  ②カプサイシン(唐辛子など)

 豆腐半丁に唐辛子を2gかけて食べると「5か月で64.5%の人が発毛」という実験結果が報告されています。
 つまり、特別な工夫がなくても、豆腐半丁に唐辛子2gをかけて毎日食することで、過半数の人が発毛までたどりつけたというわけです。

 ココアの主な成分は
カカオポリフェノール
 
美肌効果( 抗酸化作用 )と炎症抑制効果で頭皮改善
亜鉛
 
美肌と髪フサフサ効果(肌や頭皮の再生効果)
テオブロミン
 
自然界では、カカオだけに含まれる貴重な成分。
 ストレス緩和効果

  ココアはビターココア(カカオ70%)以上のものが必須です。
また、カフェイン量はチョコレートの1/5程度なので、1日数杯までなら問題なしですね。
 私はチンした甘酒にココアを溶かして飲んでいます。



67歳(高齢者)でも「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

やった~
8

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。