「納豆」で "ハゲと認知症" 退治!!


 老衰して視力もほぼなくなったヒミコ(メスのコブ白鳥)。エサ箱が見えないのか、認知症なのか、「エサをクレ~」と私に迫ります(汗)

 

 <納豆のチカラ
血液サラサラ⇒ ナットウキナーゼの効果
整腸・快便⇒ 胃液を突破して善玉菌を増やす。
骨粗しょう症を予防⇒ ビタミンK2の効果
疲労回復⇒ ビタミン、ミネラルが豊富
 と、いたれりつくせりです。

 でも、納豆の本当のチカラは、これだけじゃないんですよね。
ハゲ(薄毛)防止
 AGA発症の主要原因といわれる"ジヒドロテストステロン"。男性ホルモンの一種で母胎にいるときに男性器を発達させる重要な成分です。でも成長するにつれ害ばかりを及ぼす危険なヤツ

 [ジヒドロテストステロン(脱毛ホルモン)を抑制して薄毛を防止する方法]
A)イソフラボン(納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品) 特に納豆!!
B)亜鉛の摂取⇒ 生ガキ、レバー、牛肉など
 上記のA)イソフラボン(特に納豆)、B)亜鉛と 水を多く飲む のが肝要ですが、"納豆"にはイソフラボンだけでなく、亜鉛も含まれているのでかなり効率的ですね。

 納豆には髪の三大主成分の「タンパク質、ビタミン、ミネラル」が含まれていて、血行をよくする効果(血管を太くして、血液をサラサラに)もあり、イソフラボンや亜鉛もあいまって、かなり優秀な発毛促進食材ですね。


認知症を予防
 大豆の大豆レシチンに多く含有される"ホスファチジルセリン(PS)"。

 認知症(特にアルツハイマー病)の重大原因のひとつが、アミロイドβというゴミの蓄積。
 "ホスファチジルセリン(PS)"は、脳の細胞膜を柔らかくして、脳への栄養供給をスムーズにし、アミロイドβというゴミの排出も活性化させてくれます。
 さらに、ADHD(発達障害)や、脳梗塞、パーキンソン病にも一定の改善効果が認められています。



67歳(高齢者)でも「3カ月で髪が生えた」 発毛ダイエット!!



ガン必殺の"高免疫力"獲得 & ガン制圧の"三つの矢"


■「楽に生涯・健康ダイエット


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やった~
7

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

生き物ボランィアで「ストレス対策」

野生も含めて生き物が多い地域は社会全体のストレスが低く、犯罪も激減とか。もちろん、人間も癒されます。 また、ガン、病気、うつ、認知症、メタボなどストレスは万病の元。 生き物ボランティアで生き物(ウミネコ、コブ白鳥、川鵜、カルガモ、ハト、トンビ、ヤギ、猫など)と触れ合い、自然...
5つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。