見出し画像

「楽勝! 美肌の健康ダイエット」 糖尿病も簡単脱出!

画像1

 糖尿病は自力で完治はないといわれていましたが、最新の研究で、体重コントロールに成功すれば、すい臓のβ細胞が再生することが判明。つまり糖尿病が完治するというわけです。

 お腹がトドみたいと言われていた私(汗)。
グータラな生活習慣(好きなモノを食べて、運動キライ)がたたり、とうとう糖尿病と高脂血症のメタボ宣告を受けました。

 実はその数年前に、会社時代の40代の知り合いが
糖尿病の悪化から両足切断⇒ 嫁さん逃亡⇒ 自宅で餓死」
という衝撃の事件があり、同じ糖尿病ということでビビリました(汗)

 そのため、通院しながら、必死のカロリー制限と多数の運動を行い、4か月後にはメタボの数値は正常化し、1年たたないうちに体重は10kg減少し、体脂肪率が14%に到達。そして「通院免除」となり、糖尿病(メタボも)からは解放されました。

 しかし、根本的な血液ドロドロ体質(体液が酸性)には手をつけていなかった(知識が無かった)ため、数年後に、プチ脳梗塞を発症(涙)。
 風邪をひきやすく、風邪で寝込んだ翌朝に目覚めると右目がほぼ失明(汗~~)。右目の視界は赤黒く覆われて視力は0。翌日には視力は回復。
 体のマヒはなかったので、ネットでググリ、初期の脳梗塞と判明。

 それからは根本的な対策を取り
血液ドロドロ体質(体液が酸性)⇒ 血液サラサラ体質(体液はアルカリ性)」
 への大転換をはかり体質改善に成功し、今現在は高齢(68歳)なのに、4時間の真夏の炎天下での高負荷のウォーキングも平気でこなす超健康体を手に入れました(汗)


<カロリー神話の崩壊>
 日本人の平均摂取カロリー/日 は、1970年代をピークに大幅に減少していて、1,850kcal前後とも。これは、終戦直後の飢餓時代とほぼ同じ数値です(汗)
 それなのに、"メタボが大幅増加"という不思議。

 その原因は食事の高脂質化と運動量、活動量の大幅低下ですね。

 さらに、同じカロリーの食事でも
ステーキ肉、揚げ物(フライドポテトなど)、炭酸飲料
②卵、魚、野菜たっぷり、豆腐と納豆、果物のバナナやリンゴ、ヨーグルト飲料
 の場合、4年後には①は数キロ太り、②は数キロ痩せています。歴然とした差ですね。
 ★ 同じカロリー摂取量でも、太る食材と痩せる食材があるという事実。


 血液サラサラ(体液はアルカリ性)で、細マッチョ系の体にする簡単な方法は3方面からの攻略です。

 ■「楽勝! 美肌の健康ダイエット」
==================================

 "食生活と運動、ストレス対策"を一新して「血液サラサラでアルカリ性体質」への転換究極の "健康・長寿・制ガン・ダイエット"方法ですね。

①「チョー短時間の効率的な運動習慣  (タダです)」

画像2

 ⇒ ■IQ180の「楽勝!運動ダイエット」
短時間の有酸素運動と軽い筋トレ等の組み合わせで、数倍以上のダイエット効果を実現。



②「食生活の簡単な変更と野菜多めの食生活  (安上がりです)」

画像3

 ■"高免疫力"獲得でガン制圧"
 ガンにしろ、カゼやインフル、食中毒、病気にしても、対策は「お腹の整腸・快便体質の獲得による高免疫力」。
これに、ヤセ効果が実証されていて取り組みやすい
 ◆「野菜ファースト」など"4つ"の治験データーで立証されたダイエット
 ◆「飲食してはならない食材と飲料
を食生活に組み込みました。
 


③「ストレス発散対策  (安上がりです)

画像4

 ストレスは、認知症や寿命短縮、内臓疾患、ガンなどを発生させる大敵。


 ここからは、上記①~③の具体的なわかりやすい説明です。


この続きをみるには

この続き:6,696文字/画像6枚

「楽勝! 美肌の健康ダイエット」 糖尿病も簡単脱出!

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

820円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

嬉しいです。
5

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆楽勝ダイエット

IQ180の私の健康オタク生活の始まりは、総合病院の定期健診での    「糖尿病と高脂血症の宣告」 そういえば、会社員時代の若い同僚が、「糖尿病の悪化で両足切断」。その後一人暮らしの家で「餓死」という(汗)悲惨な記憶がよみがえり(ゾー)。  その恐怖から動きは早く、ネットで...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。