3.無限の光が照らす先

古代インドの言葉

サンスクリット語(梵語)という言語がある。
古代北インドの言葉のひとつで、当地の神話伝承や仏教文献にも使われた。
現代インドで話されるヒンディー語などはその末裔に当たる。

初めて聞いた人も多いかもしれない。
しかし日本語にはサンスクリット語(またはその民衆方言パーリ語)由来の古い外来語がいろいろと残っている。
その多くは中国語を経由して入ってきた仏教用語や輸入品名である。

(サンスクリット語やパーリ語は普通北インドのデーヴァナーガリー文字で書かれるが、ここではローマ字で示す。形は語幹、例が1つのものは共通形)。

日本語 ←サンスクリット語, パーリ語
阿弥陀 Amitābha-(アミターバ)「無限の光明を持つ者」
仏陀  buddha-(ブッダ)「目覚めた者」
旦那  dāna-(ダーナ)「贈与,布施」
達磨  dharma-(ダルマ)「法」
茉莉  mallikā(マッリカー)「ジャスミン(の一種)」
刹那  kṣaṇa-(クシャナ), khaṇa-(カナ)「瞬間」
涅槃  nirvāṇa-(ニルヴァーナ), nibbāna-(ニッバーナ)「吹き消し」
般若  prajñā(プラジュニャー), paññā(パンニャー)「智慧」
瑠璃  vaiḍūrya-(ヴァイドゥーリヤ), vēḷuriya-(ヴェールリヤ)「宝石,瑠璃」

意外な例も多いかもしれない。
サンスクリット語(パーリ語)→中国語→日本語というルートをたどったことで表記・発音・意味が変わったりもしているが、日本語の古層には古代インドの言葉の影響が確かに息づいているのである。

ちなみに漢字表記の大半は発音を中国語として写したときの当て字で深い意味はない(「茉莉」や「瑠璃」の草冠や玉偏などは植物や宝玉を表すために付け加えられたので例外)。

サンスクリット語とパーリ語はまったくの別物ではなく、発音や文法に違いはあるが同じ言語の古い文語(前者)と民衆の口語の一種(後者)の関係に近い。
しかしまとめて扱ったほうが便利なことも多いので、この記事では「サンスクリット語」と総称する(あるいは古代インド・アーリア語)。

ではこのサンスクリット語とはどのような言語なのだろうか。
実は英語の遠い遠い親戚というべき存在なのである。

この続きをみるには

この続き:11,926文字/画像1枚

3.無限の光が照らす先

Riku

320円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート機能で応援いただけると次の執筆への励みになります。人気が出たらいずれ本の企画なども行いたいです。より良い記事や言語研究のために頑張ります! (≧∇≦*) BOOTHのサポートはこちらから→https://anima.booth.pm/items/1345637

χαῖρε!「こんにちは!」(*´▽`*)
19

Riku

VOX MEMORIALIS『記憶の呼び声』――ラテン語との出会いに始まった陸の古代言語紀行。本の紹介もするよ。連絡先(TwitterのDMでお伝えします)→http://twpf.jp/anima_solaris ほしいもの→http://amzn.asia/f8tQax4

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。