修行ばかり。

撮る自分は写真家で、レタッチやトリミングをするのはアートディレクターの自分。それはもう治らないので諦めているけど、撮る前のアートディレクターは極力黙るようにしている。

プランがありすぎると撮るときにつまらないからだ。俺は両方の仕事をするとき、自分の中のそれぞれの役割を侵さないように気をつける。

「撮るときに命令するな、そんなレタッチをするな」と写真家は言い、アートディレクターは「もっといいのを撮れよ」と素朴なダメ出しをする。人格は分裂する。

撮れた写真がすごく良くて、デザインもいいと思ったことはまだ一度もない。多分一生思わないだろう。修行ばかりで心は安まらない。おはようございます。(写真はダイノジ大地さん)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

押すねえ!
14