見出し画像

シティリーグ シーズン1 準優勝対戦レポ

【はじめに】
こんにちは、安城新撰組のあにまです。

今回、11月4日に行われましたシティリーグシーズン1「トレカショップ スキップ」で準優勝をすることが出来ました。今回はその対戦レポになります。
デッキ解説記事ではありませんのでご注意下さい。
前作の「カメポチャレアコイル」から久々にしっくりくるデッキが使えたので楽しかったです。


【使用デッキ】
使用デッキはウルネクになります。

画像1

デッキコード[XMMX3p-b4JITI-UpRypM]

noteやTwitterからのレシピを参考に、自分が回しやすい様に調整した形になります。
超エネが一般的な7枚に対して1枚多いくらいで、特別変わった構築ではないです。
各種採用理由については省きます。


【デッキ選定】
東京CL後、デッキを回してもしっくり来ないことが多く、一応作っていたウルネクばかり使っていました。
そんな中、公開されたオーロット&ヨノワールGX(以下オロワール)の所謂カラマネロ型が意外としっくり来たため、土曜までそれを使う予定でしたが…

あにま「先攻超エネ手張りやぶかぶ無人エンド!!!」
ケイ「マーシャドーにエネ手張り逃げて願い星……なんやかんやでフルドライブ!!!」
あにま「はぁ???」
ケイ「デデチェンジ使ってないww」

っていう対戦があり完全に萎えたため、他に候補デッキも無かったので使い慣れたウルネクを使うことを決意。

日曜の長久手当日枠に落ちたため、Twitterで56人空きがあると聞いた大阪大会に行くことに。


【当日の対戦レポ】
予選:スイスドロー120人
1戦目 メルカリ 先攻6-2○
マリガンで相手がメルカリだとほぼ断定したので、ギラティナとウルネクを同時に育てる動きを取る。
ウルネクがグズマ+グレキャで刈られるが、ギラティナでジラーチを倒しつつメルカリに攻撃することが出来ていたため、2体目のウルネクで突破。
残りは初手から出ていた鋼ネクロとアブソルを倒して勝ち。


2戦目 ミュウミュウアラカルト 後攻6-4○
イカスタート。
ミュウミュウ軸だから弱点つきたいなーとか思ってたら、ウィークガード張られた上に先1やぶかぶされる。
引いたカードは「超エネ、ギラティナ、ミストレ、カラマネロ、トップでミストレ」だったためテテフを持ってこようとしたらサイド落ち。
どうしようも無いのでミミゲン出して超エネ貼ってイカを展開。ホラーハウスを打つ準備に入る。
前のイカが倒され手札も0。ミミゲン出してトップで超エネ頼む頼む頼む…

メイ「はーい」

神。

イカを展開してホラーハウスGX+を使用し7ドロー。ポルターガイストでミュウミュウを削りつつ、残りをオロワールで削り、そのままテテフとジラーチを倒して勝ち。
対戦後、手が震えてました。


3戦目 ズガアゴアロキュウ 後攻6-2○
序盤はお互い展開。
ベンチのズガドーンに破れた扉でダメカンを乗せることが出来たため、サイド4枚取りプランを開始。
ジラーチが倒された返しにメイからハチマキを着けたギラティナで攻撃しズガドーンを残り10点に。
ギラティナを倒させた後、グズマ使って4枚取りしたかったが手札に無いので、2枚目のメイからグズマを持ってきつつホラーハウスGX+。
次の番にグズマ→破れた扉→2体目のズガドーンにポルターガイストでサイド4枚取り。
返しに相手がアロキュウでビーリン2枚を持ってくるプレミをしたため、そのままアロキュウをグズマで呼んで倒して勝ち。


4戦目 フーパアブソルLO 先攻6-1○
相手が序盤事故。その隙にギラティナでフーパを攻撃。
あとはギラティナの破れた扉でフーパを倒したり、ねんどうだんでオンバットを倒したりして勝ち。LO相手は練習がほとんど出来ていませんでしたが、対戦相手からもうまいと誉められて嬉しかったです。


5戦目 ピカゼク 後攻0-6×
下階段。
無人マーシャドー。
無理っす。


6戦目 ピカゼク 先攻0-6×
上階段。
後1フルドライブはズルだと思うんです。
返しにテテフからリーリエ。オロワールを立てるも入れ替えが引けず、オロワールとテテフをタッグボルトで刈られて負け。
ピカゼクがトラウマになりそう。


予選4-2
全勝者の上階段を引いたのと、5回戦で負けた人が勝ったため、オポが良く13位。
初めて予選突破しました。


決勝:トーナメント16人
1回戦 フーパLO後攻5-0 時間切れ勝ち
この対戦で気を付けたのは、
①コケコの回転飛行+ギラティナでフーパを倒す。
②シロナは後半まで絶対使わない。
③自分の山札が6枚以下にならないようにする。
です。
回転飛行を絡めることで、相手は満タンやアセロラといったカードを序盤から使わないといけなくなり、またピッピ人形にダメカンを乗せることでデッキに帰す必要が出てくると考えました。
結局最後はギラティナでのゴリ押しみたいな感じでしたが、辛うじて時間切れで勝ち。


2回戦 ピカゼク 先攻6-4○
本日3回目のピカゼク。
相手はピカゼクスタートで後1フルドライブは撃てず、こちらもイカ3体準備するも先2攻撃出来ない状態。
グズマで1体目のカラマネロを刈られ、ギラティナ攻撃→フルドライブ→ギラティナ攻撃でピカゼクを倒すも、グズマからの2体目のピカゼクにタッグボルトGXを打たれイカを狩り尽くされる。
最後の賭けとして、ミミゲンを出してホラーハウスGX。この賭けに成功し、逃げたピカゼクをポルターガイストで倒し勝利。
間違いなく今回のMVP。


準決勝 ひかるミュウオロワール 先攻6-1○
相手はアブソルスタート。こちらは序盤からウルネクを育ててオロワール倒すプラン。破れた扉でオロワールに10点乗せ、超エネが3個ついた状態のウルネクを準備。場のイカをオロワールで攻撃されると、手札のシロナとリーリエを引っこ抜かれる。
つらいなーと思いつつ、とりあえず願い星…

メイ「はーい」

神。

入れ替えと鋼エネを持ってきてフォトンゲイザーで突破。相手が2体目オロワールの準備をしてきたがウルネクが前に居て倒せないため、とりあえず今後の動きを良くするためにアブソルをグズマで呼び、フォトンゲイザーで倒す。
返しにムサコジを打たれオロワールが攻撃、手札が0になる。
ウルネク捨ててジラーチ願い星から回したいなーと思いつつドロー…

グズマ「うっす」

流石に笑いが止まりませんでした。ベンチに居たデデンネをフォトンゲイザーで倒して勝ち。


決勝 ゾロアークシルヴァディ 先攻 3-6×
先攻は握れたものの、相手の初手がゾロアのためオロワールとゲンミミのお留守番が決定。
テテフリーリエからウルネクで速攻を狙う。
相手のテテフをウルネクで倒すと、返しにアロベトを立てられた上にシルヴァディのGX技で気絶。
グズマで相手のアロベトを倒すも既に後手。ベンチのテテフをグレキャで刈られ、ギラティナの攻撃もアセロラで回収され、最後の可能性に賭けてオロワールのGX技でエネを削るも、グズマで負け。
2枚目のウルネクをサイドから拾えず、順当に負けたなという印象。


【大会を終えての感想】
正直、出来すぎの結果です。
全体的に当たり運が良く、ラフレシアやバラマキのような勝ち目のないデッキと全く当たらなかったことや、随所での引き運が異常なまでに強かったことが、今回の準優勝に繋がったと思ってます。
また、いつもは連勝すると興奮して次の対戦でプレミを連発したりしていたのが、今回は予選の間は冷静に戦えたことも良かったです。

最後のSM環境で結果を残すことが出来、本当に嬉しいです。
地元開催の愛知CLでも結果を残せるよう頑張ります。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
今後の安城新撰組の活躍にご期待ください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

安城新撰組

愛知の西三河・知多(安城・半田周辺)で活動しているポケモンカードのチームです。よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。