あんマガ創刊号

「あんじゅ先生漫画家サロン」マガジン、通称「あんマガ」をここに発刊いたします!

募集した途端、ほとんどのパトロンが埋まってしまい、さらに追加募集も徐々に埋まりつつある「あんじゅ先生マンガ家サロン (あんマンサロン)」。

人気の秘密は、同じクリエイターとしての悩みをみんなで共有し、お互いに尊敬し励まし合い、わからないことは質問すれば答えてくれるレスポンスの良さ。また、高田ゲンキ先生かわぐちまさみ先生、インスタアドバイザーのフミ先生という、今をときめく先生方が親身になって教えてくれることです。

そんな勢いに乗ったあんマンサロンで、当初から企画していた「あんじゅカップ」第一回が11/14〜11/22に行われました。これは、決まったフォーマットとお題に合わせてマンガを描き、他の人に5点満点で採点し、誰が一番良い漫画を描けたかを競うものです。

この「あんじゅカップ」は優勝賞金が出ます。金額はなんと1万円!
その賞金についてはあんマンサロンスポンサーのQちゃんに出していただきました!Qちゃんどうもありがとう!

Qちゃんのブログ→ガジェットQ砲
QちゃんのTwitter→@qtarou1111blog
______________
今回のテーマは「クリスマス」で、「4コマの作品を自分が決めたフォーマットで」描いてください、というお題。
初参加かつ、期間が短い中で、皆思った以上のクオリティを発揮してくれました。以下は実際に描かれた漫画とその書評です。

【第1位】あんじゅ先生

【書評】あんじゅ先生はやはり強かった!漫画、とくに4コマにおいてはすでに印刷物として何十と世に出しているだけあり、わかりやすさ、それぞれのキャラの立て方、テンポなどとてもバランスが良いので高評価を受けました。

◆あんじゅ先生のSNSリンク
Twitter→@wakanjyu321
ブログ→徒然なるあんじゅ先生による漫画日記

【同列第2位】かすやかおりさん

【書評】SNSを意識した作りで、すぐにイメージが付き、分かりやすいタッチで描かれているかすやかおりさんの漫画は、そのまま商業誌に載っていてもおかしくないレベルに仕上がっていました。鶏はとてもキャラが立っていて、残業漫画は哀愁漂うものになっていたので、これからこれらを融合させていくとより面白くなると思います。

◆SNSリンク
Twitter→@parfum
ブログ→@gdgd-ebisu

【同列第2位】まのもなおさん

【書評】孤独を描いた作品。カラーもおそらくあえての白黒で哀愁を誘います。かぶせることで面白さと寂しさを表現しましたが、もう少しキャラがアピールしてもいいかなと思いました。

◆SNSリンク
Twitter→@manomonao @myomanga
note→まのもなお、闇鍋連続ガチャ絵師、すぐやる課

【第4位】G!onさん

【書評】個人的にサンタ大好きですし、タッチがギャグマンガ日和を思わせて、作画で多くのファンを作りました。コマを大きくしたり小さくしたりしてメリハリをつけようとしましたが「あまり効果的ではない」とのアドバイスが。また、もっと読みたいという声が多く、次回はもう少しページ数を増やしてくれることを期待しています。

◆SNSリンク
Twitter→@hanakin_gion
ブログ→山のお陰ラジオ

【第5位】もりもとあいさん

【書評】ネタもよく考えられていて丁寧に描かれています。
ただ少し説明調なところがあったので、そこを改善すると良いかも。また、横に2つ並べるとサイトで見た時にどうしても小さくなってしまって、インパクトにかけてしまったのは残念です。

◆SNSリンク
Twitter→@aikurosan
Instagram→@ai_kidsfashion
ブログ→あいのおと

【第6位】みらくる☆桃香さん

【書評】インスタグラムに一日ひとつづつあげていけるように、一コマずつ分けた作品。表示のインパクトとしては最大の効果を上げました。
すこしキャラが何人もでてきて、誰が誰なのかわからなくなることがあったので、そこを気をつけるといいと思いました。

◆SNSリンク
Twitter→@kanamomoka5 
Instagram→@momoka.kana55
ブログ→桃香のみらくる☆アトリエ

【第7位】きゃろ🐷ヤムチャするメンヘラ🔥漫画家さん

【書評】提出がものすごく早かったです(笑)
ネタと言うかどちらかと言うと勢いで描いている感じで、もう少しネタが練られていたら良かったかなと思いました。微妙にイケハヤさんに似て…いない。

◆SNSリンク
Twitter→@utsu_no_taiyou ‏
note→きゃろ

【第8位】かなたさん

【書評】独自の世界観がすごい。本人曰く、まだ描き始めたばかりらしいですので、切磋琢磨して画力を磨いて貰えればと思います。

◆SNSリンク
Twitter→@kuronokanata25
pixiv→くろのかなた

優勝したあんじゅ先生にインタビュー

「圧勝のつもりで描きましたが、思ったよりみんな描けるし面白いし、作品を見たとき焦りました。
経験数の差で勝った気がします。

でも、まだまだ負けませんヨォ…ココココココ…」

最後に

優勝はあんじゅ先生がいただきましたが、スポンサーと合意の上、2位の2名の方(かすやかおりさん・まのもなおさん)に5000円ずつ送られました。
第1回目にしてはみな本当に画力があり、ネタもよく考えられていました。
また、今回インスタアドバイザーであるふみ先生からあった提案は
「それぞれに出す媒体が違うのだから、各自フォーマットも自分で考えたほうが良い」というものでした(はじめは決まったフォーマットに投稿する予定だった)。
制限をかけることは編集のしやすさなど、便利にはなりますがオリジナリティの欠如に繋がります。結局は自分で考えたほうが力がつくという、ふみ先生の今までの経験を皆に伝えられた様に思います。この様にお互いに切磋琢磨し会える環境ができる漫画家サロンを誇らしく思います。
さらにあんマガは第2号として、オリジナル漫画を描きたいという声が続々と集まってきています。次回は1月に出す予定です。乞うご期待!

↓あんマガ第2号はこちらから読めます↓
https://note.mu/anmaga/n/n62671c321213

↓あんマンサロン参加ページはこちら↓

あんじゅ先生マンガ家サロン (あんマンサロン)参加ページ
https://camp-fire.jp/projects/view/105308


【編集長】
七実徹
Twitter→@toru_creative
【編集】
はかせ
Twitter→@trnz

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23

あんマガ

月刊WEB漫画「あんマガ」専用マガジン
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。