ミカ

1989年横浜生まれ。高校卒業後、輪島にて五年間漆を学び、現在は地元横浜で制作中。noteではプライベートなことを書いてます。プロフ画像はmayukosaseに描いて頂いたポートレート。

忘れたくなかった

日曜、お友達に(僭越ながら、私はそう思いたい)招待されて
立川で行われていた「49」展に行った。

テーマは「死者の魂が臨終を迎え、黄泉の国に旅立つまでの四十九日」を様々な形で表現していた。
参加アーティストの中には、ご家族や近しい方を亡くされた方がいらして
会期中本当の四十九日法要があったり。
私が行った日の時間も、丁度ライブ法要の時間だった。
展示詳細はリンク先のサイトをご覧頂きたい。

もっとみる

展示をしていました

noteは久しぶりの更新。

2/15〜2/18の4日間、
代官山・懐美館ギャラリーで、
写真家の暢さん、山﨑雄太さんと三人展をしていました。
私は詩とジュエリーを展示しておりました。

テーマは「とける」

簡潔に言うと、三人展だったので
各々のアイデンティティーがとけあう
或いはかけ算になる様な展示を目指したから。

さらに詳しいことは
私のオフィシャルブログにも書きました。
「とける」とは

もっとみる

女前であること

Webマガジン「She is」さんの11月公募テーマ
#モテってなんだ? 」に触発され
私もブログを書いてみます。

***

-愛されたい。他でもない自分自身に。
私は誰よりも自分自身から『モテたい』のだ-

街の中、行き交う人、友達との会話の中。
そしてメディアでは今日も声高に
「今期のモテファッション!」などと紹介されていたりする。

多くは"女性が男性の気を引くため"のものを指して

もっとみる

ダサかった私がおしゃれを好きになった理由(後編)

ご覧いただきありがとうございます。
いよいよ具体的に何をしたかのお話です。
ちなみに前編はこちら

私がやったのは以下の3つ。

①おしゃれな人のアドバイスを聞いて実践
②雑誌を読む
③パーソナルカラー/骨格診断を受ける

以降それぞれの詳細を書きます。

1:おしゃれな人のアドバイスを聞く

上司と社長兼デザイナーAさん(仮名)に真っ先に言われたのは
「お化粧苦手そうやから、コスメカウンター

もっとみる

ダサかった私がおしゃれを好きになった理由(前編)

こんにちは、ミカです。
最近、漆作家の肩書きを一旦置いといて

「私に何ができるのか」や
「私自身の価値」だとかを
把握したい気持ちが強い。

いわば「棚卸し」期間中。

その中でも、とても鮮烈でターニングポイントでもあり、今の礎を築くキッカケになった

「ダサさ」

と、そこからどうお洒落が好きになったのかの軌跡をまず書きたいと思う。

(以下人によっては辛い描写もあるかもしれません、自己責任で

もっとみる