氷上の先史の暮らし【書評】

今回紹介する『極北の大地・グリーンランドの夜明けーTHE FIRST STEPSー』*1は,約4500年前頃,カナダの最北部からグリーンランドへ渡った最初期の狩猟採集民たちの物語を描いたマンガ (グラフィックノベル) です.(グリーンランドの位置を知りたい方はこちらの地図をご覧ください)

「できるだけ多くの人々に,最新のグリーンランド考古学の研究成果を伝えたい」という思いから作られたこの本は,デンマーク国立博物館のグリーンランド研究センターと,グリーンランド出身の画家ヌカ・K・ゴッツフレッセン氏が共同執筆しています.また,カナダやアラスカの北方先住民文化を専門とする研究者が,日本語訳を監修しています.そのため,内容の正確性にはかなりの信頼がおけそうです.


脈々と受け継がれてきたもの

極北の大地に生息するさまざまな動物を狩りながら,複数の家族単位で移動をつづけて暮らす人びとの様子が,力強くきれいな絵で描かれます (図1).誰が主人公ということもないのですが,最初に幼い子供だったナヌは,物語の中盤で立派に成人し,最後には白髪の老人となって,グリーンランドへの旅路を進めていきます.先史時代の人びとが,産まれ,子を育て,そして亡くなっていきながら,いくつもの世代を繰り返してきた様子が,色彩豊かに浮かびあがってきます.

図1. 『極北の大地・グリーンランドの夜明けーTHE FIRST STEPSー』の23ページより

石器を鋭利に整えて弓にとりつける方法,アザラシの毛皮を縫い合わせて暖かい服を作ること,動物の生態を理解して適切な方法でしなければならない狩り,囲炉裏を中央に置いた移動式テントの組み立て,精霊との対話などを含む精神世界,などなど.現代に暮らす私たちからはなかなか想像できない,厳寒の氷上での先史時代の暮らしが,妙な現実感をともないながら,すいすいと頭に入ってきます.絵と文章を組み合わせたマンガという形式の利点が最大限に活かされています.

まわりくどい説明はなく,ぷつりぷつりと物語がつづいていく様子は,断片的な証拠から当時の暮らしをすこしずつ復元していく考古学研究の営みを見ているかのようです.しかし,このそっけない様子が,かえって本書のすてきな特徴となっています.4500年前という遠い昔に,すこしずつ世代を経ながら脈々と生きつづけてきた人びとの暮らしについて,マンガを通して強いイメージが形成され,同時に,説明に多くが費やされていないため,物語を読む端から想像力がどんどんはばたいていくのです.


学術的な側面

絵や物語には考古学者や民族学者による徹底的な考察が入ってる点も,本書の大きな魅力のひとつです.解説には,本書がどのように構想され,どのようなプロセスを経て制作されたかが,こちらは文章がメインで紹介されています (図2).研究者たちと作者が密接にやり取りしながら,正確かつ美しい絵を描きあげていった様子が,ラフスケッチや下絵,考古遺物やグリーンランドの実際の写真などを交えながら,とてもおもしろくつづられています.

図2. 『極北の大地・グリーンランドの夜明けーTHE FIRST STEPSー』の57ページより

このような正確かつおもしろいマンガの制作が可能になった背景には,グリーンランド考古学の特殊性があるかもしれません.グリーンランドは極北の地で非常に寒冷であり,また有機物が少なく土壌などもほとんど堆積しないため,4500年前の考古遺物や遺構が,非常に保存の良い状態で,地上面に現れているのです.(このあたりの事情も解説で触れられています).数千年の昔であっても,豊富に得られる立体的な情報をもとに,かなりの確実さをもって,当時の人びとの暮らしが復元できるのです.


続編も!

じつは,4500年前のグリーンランドへの最初期の移住者を扱った本書は,四部作シリーズのうちの最初の一冊で,1200年前のドーセット文化,1000年前のノース人,捕鯨時代 (300年前) のチューレ人を扱った続編が,デンマークで刊行途中です.日本語訳されているのは本書だけで,あとはすべてデンマーク語でしか刊行されていないようですが (英訳もないように見受けられます),売れ行き次第では続編も日本語訳されるかもしれませんね…!

私は,デンマーク国立博物館に知人の研究者を訪れた際に,この本を紹介されました.考古学・人類学研究部の研究室に原画が展示されており,作者のゴッツフレッセン氏と研究者がやり取りしながら本書をつくりあげていった様子を教えていただきました.そして,描かれている風景や人物には,絵のもとになったモデルがいるのだとか.……そういったことを思いおこしながら本書を読むと,なんだかいっそう楽しく読めるような気がしてきます.

(執筆者: ぬかづき)


*1 ヌカ・K・ゴッツフレッセン (沢広あや 訳,岸上伸啓 監修) 2015 (2009). 極北の大地・グリーンランドの夜明けーTHE FIRST STEPSー. 清水弘文堂書房.

* カバーイラストには「氷のイラスト」(かわいいフリー素材集 いらすとや) の画像を利用しました.また,本文中で書籍の紹介のために引用した写真は,執筆者が『極北の大地・グリーンランドの夜明けーTHE FIRST STEPSー』のそれぞれ23ページと57ページを撮ったものです.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

記事一覧

これまでの記事をアーカイブしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。