「つらい、つらい」という話や、書き込みばかりしかしない人へ

※この記事は最後まで読んでいただける、投げ銭方式です。
 もし心に残ることがありましたら、ご支援いただけるとうれしいです。

ずっと「つらい、つらい。」って言いながら仕事してたり、プライベートで「ほんとにつらいことばっかりで。」という話や書き込みしかしない人っているじゃないですか。

(これ過去の私がまさにそうなんですけど。)

この状態で「時間がないから」とか「お金がないから」を理由にして特になんにもしない人って・・・他力本願なんじゃないかなと。

だって、つらいって書き込みに「悲しいね」って押してもらったり、コメントもらって安心して終わりにして、で、次の日またつらい目にあうんですもの。

何かを変えるなら、思い切って時間なりお金なりを投資しないとダメなんだなぁ・・って今すごく思います。
「そんなことより目の前の仕事が。」っていうなら、たぶん来年も人生変わらないよ、って思う。

いや仕事を心から愛してて寝食忘れて没頭できるならいいと思う。でもそれがつらいんなら、何かしないと変わらない。

お金がすぐ無理なら、時間をつくればいい。
時間を作って違う世界の人に会ったほうがいい。
できれば全然自分と違う生き方をしている人に。

そんなこといっても、朝起きて寝るまでずっと仕事で、休日も仕事が手放せないんです!はね、たぶん・・結構やばいと思ったほうがいい。

世界から切り離されて、狭い会社の中だけが自分の人生になって、その会社の中にいる人としかあわないってなると、もう洗脳も一緒だと思う。っていうか、洗脳。

お給料がいいとか、一緒に働いている人はいい人だから、とかよぎることもあるかもしれないけど、でも、自分の人生だからね?
いつか会社の環境が変わって、休みが増える可能性は超少ないし、一緒に働いている人が人生よくしてくれることもないからね?

怖いからって、不幸な恋をずるずる続けて何が残るんだろう?
怖いからって、パワハラ的な発言をする上司の顔色を見ながら働くってどうなんだろう?
休日にも何か連絡があると暗い顔をして対応をする。
その間、一緒に過ごしてくれている大切な人はそっちのけ。
それで本当にいいのだろうか?

そういう日々をSNSに書いては、「悲しいね」を押してもらうだけなんて悲しすぎないか。そして人はそういうもん読みたくないから、だんだん読んでくれる人も減る。(と実際に経験している私がいうからまちがいない)

自分の人生を変えるのは自分。
誰と出会って、誰を大切にしていくのかを決めるのも自分。
誰かに一緒に伴走してくれる人に手伝ってもらうのもいいと思う。
私はそうやって自分自身を変える機会を得た・

だから今、自分が不幸なのは・・残念だけどやっぱり自分のせい。
ずっとそのまま変わらないんだよ。

過去に手紙を送れるとしたら、これを過去の私に送りたい。
たぶん「そんなこといっても無理だわ!」と握りつぶしそうだけどども。

でも、人生は変えられるし、考え方を変えることもできる。

もしこれを読んで、何か感じることがあるとうれしい。

※この記事を最後まで読んでくださってありがとうございます。
   この記事は投げ銭(ギフト、サポート)で呼んでいただけます。。
 もし心に残ることがありましたら、ご支援いただけるとうれしいです。
 

この続きをみるには

この続き:0文字

「つらい、つらい」という話や、書き込みばかりしかしない人へ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とってもうれしいです!
4

未来への道

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。