エッセイたち (2018/09)

29
ノート

本に刻まれた記憶、「遠野物語」のこと

柳田國男の「遠野物語」のページを捲った場所を、私は三つ覚えている。 本を読んだ場所を覚え...

夜に一条の光、「銀河鉄道の夜」のこと

こんなに有名な本を改めて推薦するのはどうかと自分でも思うが、先日宮沢賢治が暮らしていた岩...

落葉のごとき「ためいきのとき」のこと

秋、紅葉が大学へ続く坂道に降り積もるころ、毎年読む本がある。 ちくま文庫から出ているアン...

缶詰に入った岩手旅行のこと part.4 (終)

part.1, part.2, part.3から続いています。 4時半に起き、6時半に朝食、資料館へ向かって7時...

缶詰に入った岩手旅行のこと part.3

part.1, part.2から続いています。 朝起きると、食堂で無料の朝食が食べられるという。 無料...

缶詰に入った岩手旅行のこと part.2

part.1から続いています。 久しぶりのお風呂は最高だった。 早朝営業で安かったし、間違って...

缶詰に入った岩手旅行のこと part.1

岩手県に行ってきた。 四泊五日とやや長めで、目的はいわゆる「カンヅメ」である。 いわゆる...

模試をたくさん受けた頃のこと

最近まで夏だったのにもう秋で、なんとなく体がついていっていない感じがする。衣替えもまだち...

期せずして叶えた他人の恋のこと

同年代の人にセキララに語る何事もないほどに恋愛経験が乏しいのだが、自己肯定感が異様に低く...

重たい私とアスレチック地獄のこと

私は小学校に上がる前から太っており、小学生になったらもっと太り、中学生になったら太った上...