見出し画像

富士フイルムミラーレス一眼。発色のこだわり、それを活かす独特の撮影スタイル。

もともとフィルムメーカーである富士フイルムは色・発色ジャンルで1番を譲ることは無いでしょう。

富士フイルムのミラーレス一眼カメラは、他のメーカーにはない「色・発色にこだわる人たちのための機能」を備えています。それを活かすための独特の撮影スタイルがあります。

進化スピードが速くて開発側も利用者もついていくの大変?一眼カメラもね。

アマゾンDashボタン。利用したことがないまま終了な感じなのでしょうか?ただアマゾンDashボタンは不調だったということではなく、それを上回るサービスが順調に進んでいるということです。

今日「すげーや」と思ったことが明日にはもう次のサービスに追いつかれてしまう

まま、進化のスピードは速いもので、今日「すげーや」と思ったことが明日にはもう次のサービスに追いつかれてしまうなんてこともあるのかもしれない。

こういうスピードの速すぎる時代は、規模の大きいものへの投資は難しいのではないかと感じます。

投資といっても一般人には関係ないというわけではありません。

カメラの祭典ともいわれるCP+のイベントが終了しました。今回は「一眼レフ」時代が終わり「ミラーレス」の時代に移ったことが鮮明になったCP+でした。

一眼カメラのレンズは投資

カメラはレンズを資産と考えるのが一般的でした。本体を買うとそれに合うレンズをたくさん買いそろえてきた層の人たちがカメラ業界を支えてきたともいえます。

これも投資のひとつです。

数年前までは、規格の異なるカメラ本体に買い換えるということはほとんどない時代が続いていました。今はどうでしょうか。

カメラの進化が速すぎて、今はソニーの○○マウントが最高だけど、もしかすると来年はキヤノンの□□マウントの方が良い。いやいや次の年はニコンが凄いの出すかもしれない。

という時代になってきているのではないかと思うのです。

「レンズ買いそろえる層」の人たちと「レンズ買いそろえない層」の人たち

そうなると、レンズ買いそろえる層の人たちはついていけるのでしょうか?開発する側も大変だろうと思います。

富士フイルムのカメラを使っているわたしはと言うと、レンズは少なくて良いという「買いそろえない層」です。

富士フイルムは、私と同じような「買いそろえない層」も多くファンに持つメーカーなのかもしれません。本当に富士フイルムのカメラが好きな人にユーザーになって欲しいと思っているメーカーではないでしょうか

派手に宣伝しないのはそのためかもしれません。

発色にこだわる富士フイルムのカメラ

で富士フイルムのカメラが好きな人たちは、富士フイルムの何が好きなのかというと写真の色、発色です。富士フイルムのカメラに入ってる画像処理エンジンは他のメーカーにはない色、発色へのこだわりを感じます。

その象徴が X RAW STUDIO という独自の現像ソフトにも現れている気がします。パソコンでのRAW現像にカメラの画像処理エンジンを利用することができるのです。

富士フイルムこだわりの発色は Lightroom などの一般的な現像ソフトでは出せません

と宣言しているようなものです。そして実際に出せません

一眼カメラがミラーレスになって、各社いろんな面で競いはじめているわけですが、富士フイルムだけ独自の方向で走っている気がします。

それは、富士フイルムがフイルムカメラの時代からずっと追い求めてきた写真の色へのこだわりでしょう。

男性、女性という話はあまり好きではありませんが、色、発色への感覚に強いのはどちらかというと後者の層ではないかと思っています。

インスタグラムを使いこなしてきたのもそういった層の人たちです。色、発色にこだわりを持つ人たち

昔からカメラが好きな男性というくくりで良いのかどうか分かりませんが、そういった人たちは、色、発色よりも精緻さ、画質、解像感のようなこだわりを好むのではないでしょうか。

※それを否定しているわけではありません

そういう層の人たちはセンサーサイズやレンズ種類の豊富さを求めるわけです。先ほどでてきた「レンズ買いそろえる層」の人たちですね。

もし「精緻さ、画質、解像感」よりも「色、発色」にこだわりたいというなら富士フイルムがおすすめです。

いや富士フイルムしかありません。

この富士フイルムのカメラ。撮り方が他のカメラと違うのです。撮るときの考え方といったほうが良いでしょうか。

***

忘れてはいけないことですが富士フイルムはレンズも得意な部門です。昔から商業写真用のレンズといえば富士フイルムのフジノンレンズが最高です。カメラがデジタルになった今でもレンズへのこだわりは素晴らしいです。

***

デジタルなのにフィルム装填の感覚

デジタルであるにもかかわらず、フイルムを装填する感覚を必要とします。

自分専用のこだわりのフィルムセットを予め7種類作っておく事ができます。フイルムシミュレーションという仕組みでベースになる発色があるのですが、そこから自分なりの個性的な発色にカスタマイズして作ることができます。

あとで画像編集する必要も無く、自分専用の発色で写真を撮ることができるんです。色、発色にこだわる人であれば写真を撮ることがかなり楽しい体験になります

ちょっと言葉だけでは分かりにくいですよね。実際の写真で比べてみると分かりやすいかもしれません。

作例1

これはクラシッククロームというフィルムシミュレーションをカスタマイズなしで撮ったときの写真です。

このフィルムシミュレーションをカスタマイズしてフィルム登録しておいたもので撮ると下のような写真になります。

パソコンで画像編集するわけではなく、撮った時点で自分のこだわりの発色になります。

他にも並べてみます。

作例2

上がノーマルフィルム、下がカスタムフィルム

作例3

上がノーマルフィルム、下2枚がカスタムフィルム

作例4

上がノーマルフィルム、下がカスタムフィルム

作例5

上がノーマルフィルム、下2点がカスタムフィルム

いかがですか。カメラと写真を楽しみたいなら富士フイルムがおすすめです。ただね、先ほどから書いているように他のメーカーのカメラとかなり違います撮るときの意識から違います

ちょっと宣伝になるけど....

使い始めは難しく感じることがあるかもしれません。だから、富士フイルムのデジタル一眼カメラを使い始めた人のための「FUJIFILM X ミラーレス一眼カメラを楽しむための」講座をはじめることにします。

まだ、具体的にはなっていませんがこれまでも講座を開催している「ストアカ」「アメブロREQU」で募集しようと思っています。ストアカアメブロ会員以外には note を使って募集してみようかな。

***

「富士フイルムのカメラとは?」というお話でした。
今日も元気に楽しく♪


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

note「みんなのフォトギャラリー」に写真を提供しています。日常系noteで使いやすい写真が多めです。現在800以上のnoteでご利用頂きました。ありがとうございます。 「noteクリエイターの推薦」(最下部↓)していただけると喜びます。

(^_^)/~
17

aoneko|ハタモトシンイチ

おいしい話が好き。日常フォトクリエイター。ミラーレス一眼カメラをはじめる頃に読むブログ運営。FUJIFILM X ギャラリー管理人。時々カメラ講座講師。noteでは、富士フイルム一眼カメラ、料理、菜園、子育て、卓球など日常のお話を書いてます。 https://htmt41.com

ミラーレス一眼カメラの話

これからミラーレス一眼デジタルカメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方が壁を乗り越えるためのヒントを書いています。カメラ購入の前後約6ヶ月程度の方を対象にしています。

コメント1件

ご紹介ありがとうございますー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。