見出し画像

人生の目標

こんばんは、青嵐です。

僕は実験が趣味といいますか、まあ好きなんです。
フィルムをいじったり、レンズ作ったりとかね。

最近自分の人生について考えてまして
というのも、世の中が変わってきているなと感じていましてね。
年金問題やら、高齢化やら、AIやら問題いっぱいあるでしょう?

肌感覚として不安はないんです。
もちろん将来どうなるかはわからないですけど。

どうも、自分は時代の変革の真っ只中にいるっぽいぞ、と。
これを中二病と捉えることもできるでしょう。

ただ、アホになってみようかと。
(まあ元々アホなのは置いといて)

個の時代が来るぞーって胡散臭い人たちが言ってるじゃないですか。
あれをちょっと信じてみようかと、思いましてね。

もし本当に僕の読んだ通りの時代が来るのなら青嵐を生かしてくれるのではないかなぁ。

要はね、青嵐だけで生きてみたいのです。

写真撮って、絵描いて、ピアノ・ギター弾いて、それだけで生きてみたいのです。
アーティスト憧れって誰しもあったでしょう?
あれです。僕は頭がおかしいのでまだまだアーティストに憧れている。

幸か不幸か、写真はちょっと普通の人とは違うものができていると感じています。
まあ、ちょっと変わっているなぁくらいですけど。
刺さっている人には刺さっている。

ただ、圧倒的かと言われれば、お察しですね。
フォロワー多いとは言えませんしね。

フォロワーが全てではないといいます。
僕もそう思います。
そして僕のフォロワーは質が高いと思っています。

が、それだけでは青嵐だけで生きてはいけない。

認知と人気というものがあって
僕は一部には人気、だけど一部にしか認知はされていない状態と言えるでよう。

アーティストとして生きるためには認知と人気どちらもないといけないと考えています。

なので、去年くらいまではただひたすら写真だけを撮って、Twitterに載せていましたがそれだけでは不十分です。

認知を増やすために露出の機会を増やして、青嵐を好きになってもらう必要がある。

なので今現在、色々実験中です。

当分は普通の会社員ですが、数十年後には青嵐になれるといいなと思っています。

どうやったら認知と人気が出るんですかね。
僕の写真はわかりづらいだろうし、陰キャだし。
まあ、色々試行錯誤と勉強します。

多分、この記事は誰も読まないでしょう。
文字いっぱいだし。
この記事は僕が青嵐だけになれたら周りにドヤ顔で見せるやつです。

では、おやすみなさい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

青嵐

フィルムカメラで写真を撮っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。