夫婦でもお金の貸し借りは証明書を発行すべき

離婚が正式に成立しました。

やることは多いのですが気分は晴れやかです。

そのひとつに慰謝料の請求が可能かどうかを調べています。

みなさん、法テラスを利用したことはありますか?

いい意味で法律の敷居が低くなり身近になる。そんな機会になりました。法テラスありがとう。


そして、いま、結婚している方々に注意喚起をしておこうと思います。


「うちは離婚することなんてないから生活費の補填もメモしたり、夫の肩代わりにメモや請求書、領収書を保存せずにいくわ」なんてことしちゃダメです。


ちゃんと、いつ、誰が、なんの目的で、いくらをどのように払ったのかをキチンを記録しておいてください。

私のように慰謝料が請求できない事態になります。


証明がたたない、

証拠が残っていない、

それはつまり、自分が払ったお金の証拠が残らないのです。

離婚するとき、証拠がないということは自分にとって不利になります。

私が言いたいことはこれにつきます。


夫婦間でもお金のやり取りは証拠を残せ。そして相手に渡すな、です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!あなたの今日が幸せでありましょうに。
2

一守一矢

いちもりいちや。ウツ通院中。ASD+ADHDグレーゾーン。ウツ・日常・小説・時代劇などについて書いています。「2ヵ月前の私」を振り返りつつ更新中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。