楽譜の表紙デザイン

楽譜の表紙デザインを研究しています。出版社でそれぞれ特徴があるので、気になる部分をまとめてみました。フォントは細かい部分まで照合できていないのであくまで予想。

こちらはドイツの出版社オイレンブルク(Ernst Eulenburg)。本棚でもよく目立つ黄色がポイントです♪

個人的には、見れば見る程いろんな発見のあるロゴが好きです。イラストレーターでロゴを見ながら模写してみましたが、絶妙な線の強弱とか曲線を再現するのは思った以上に難しかった。

ベルリンに旅行をしたとき、街に黄色と黒が多くて(オランダのスキポール空港も同じく多い気がしました)、とにかくはっきりくっきりしたデザインが印象に残っています。危険信号などにも使われますが、この組み合わせってデザイン次第でとてもかっこよくなるんだなぁと思います。日本だとパッと思い浮かぶのは阪神タイガースでしょうか?

本物はこちらです。

オマケ
オイレンブルクにでてくる模様でパターンブラシを作ってみました。
音楽のデザインに多いに活用できそうです。

まだまだ紹介したい楽譜がたくさんあるので、不定期で続きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧下さりありがとうございます!デザインの仕事と趣味の音楽をつなげられないか試行錯誤な日々です。サポートやフォローいただけるとうれしいです! https://twitter.com/@aoyamana https://www.instagram.com/aoyamana/

スキありがとうございます!フォローもしていただけるとうれしいです!
22

aoyamana

楽譜デザイン研究

クラシック音楽の出版社の個性あふれる楽譜デザインを研究してみます。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。