ショートショート「挑戦」


休暇で山深い田舎の村に行った。
川に行くと、きれいな水だがドジョウがたくさんいる。
あまりに多くいるので民宿のオヤジに理由を聞いてみた。
なんでも上流に秘密があるらしい。

オヤジの案内で上流へと川をたどる。
ちょっとした山登りだ。
ずいぶん行った頃、誰もこないような山奥で大きな池についた。
その先は切り立った崖で、見事な滝になっている。
池には色とりどりの鯉が、それこそウジャウジャいる。

その光景にしばらく見とれていると、突然一匹の鯉が滝を登り始めた。
すごい勢いでもう少しで滝を上りきる……かに見えたが力尽き落下する。
すると不思議な事に鯉はみるみる小さくなってドジョウになってしまった。
ドジョウはそのまま池から流され、川下に向かって流れていく。

「これは一体……?」
振り返って一緒に見ていたオヤジに聞くと
「伝説では滝を登りきる事ができれば竜になるらしいのですが、私も見た事はありません。挑戦に失敗した鯉はドジョウになって川を流れていくのですよ」
「すると、川にいたドジョウは鯉のなれの果てですか……。一回の失敗も許されないとは」
オヤジがため息をつきながら言った。

「そうですか? 今の日本の社会も似たようなものではないですかね」



#ショートショート #小説 #短編







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます (^ ^)
51

印度林檎之介@小説

おもろい小説を書きます。もくじ:https://note.mu/applesamurai/n/n1e93cc1897f2

印度林檎之介 ショートショート

印度林檎之介作 珠玉のショートショート集

コメント4件

どじょうで失敗をかさねた私は何でしょう(笑)
きよみさん、ありがとうございます。失敗してもリカバリーできる国になってほしいです。
名案さん、拙者も忙しいのに貧乏な毎日です。何かハデに挑戦したいもんですが・・。
読み終えた後、これはすごい、とうなってしまいました。フォローさせていただきます。
candycandyさん、ありがとうございます。読んでいて飽きないお話を書くつもりです。よろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。