ボイスは戦時中乗ってた飛行機が墜落した時助けてくれた親切なタタール人がいた。彼はタタール人と仲が良かった。タタール人は負傷したボイスに脂肪を塗りたくりフェルトで包んで暖めた。その記憶と感覚をボイスは作品に使う素材で繰り返す。ハンブルガーバーンホフで見た巨大な脂肪の塊は記憶に残る。
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつでもまた読みに来てくださいね

あなたに幸あれ…☆
2

KUNST+44

現代アート・現代美術・藝術・美術史あたりの分野で思い付くまま書こうと始めましたが、どうも遅々として進まない状態になってます(特にテーマを決めない日記も書いたりしてます)。 過去記事リライトしようと思いつつ…さすがにやろう 気分でプロフィール画像等は変えます。だいたい自作画像です〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録