宗教にはまりそうな私の話

今まさに気になっている宗教があるとかではなく、人が良いから騙されそうだよね、とよく言われる話です。

はまりそうなだけで実際に特定の宗教にのめり込んだことはありません。

ターニングポイントは大学2年生の時。ゼミ旅行で京都に行った時、お寺で和尚さんから良いお話を聞きました。感動した私はそのまま2,500円の色紙を購入したのですが、それが彼女(今の妻)には許せなかったようで、すごく叱られました。私は何を怒っているのか分からず、自分が欲しくて買ったのに何を文句つけることがあるのだ!と逆に怒っていましたが、将来的に危なく見えたのでしょう。

それから何かに感化されてお金を出しそうな時にも、客観的に考えてこれは価値があるのだろうか?とか、衝動買いしたら後悔しないだろうか?と考えて思いとどまることができるようになりました。

ただ、あの時誰にも止められず、衝動を貫き続ける自分だったら今どうなっているのだろう、と考えることがたまにあります。


今日、上司に「宗教とかはまりそうだよね」と言われて書きました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

レペゼン群馬、新井将司。世界一になる日まで走り続けます。支えてくださる皆さんに感謝。

明日もよろしく!

新井

小中学生向けの教材制作をしています。東進ハイスクール→大学受験教材制作。周りに辛そうな教師が多いので、社会と子供の未来のために教育を変えていこうと働きます。noteは教育、育児、野球、食べ物についてと雑多。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。